日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『狐笛のかなた』上橋菜穂子 : 著
2007年03月19日 (月) | 編集 |
狐笛のかなた


12歳の主人公、小夜には人の心の声が聞こえるという
不思議な力がありました。
母は幼い頃に殺されて亡くし、父は誰か分からず
産婆を生業とする祖母と二人で 村里離れた森の傍に住んでいます。
ある夕暮れに、小夜は犬に追われた傷ついた子狐・野火を助けます。
けれどもその子狐はただの狐の子ではなく、
霊孤と呼ばれる特別な力を持った狐でした。

術者に命を縛られ、使役されている霊孤の野火。
人にはいえない 奇妙な力を持つ小夜。
そして森の奥深く、隠されるように建てられた屋敷に
閉じ込められて暮らしていた少年・小春丸。
この2人と1匹が出会ったとき、運命の輪が回り始めました。

架空の世界に渦巻く国の領地を巡っての権力争いに
否応なく巻き込まれていく少女・小夜。
彼女を影から見守る霊孤の野火。
術者と術者の争いは次第に激しさを増し、
小春丸を巡って小夜と野火の間に仄かに芽生えた感情は…

ハラハラとした忍者物のようなスリルもあり、
透明で美しいファンタジーの要素もあり、
人間の弱さ・愚かさ・強さを描いた人情あり。

この本の作者、上橋菜穂子さんは
別世界を舞台にした大型ファンタジーのシリーズが
作品のメインなのだそうです。
そんな中、この『孤笛のかなた』だけが和風ファンタジーで
一つの独立した作風なのだとか。

私は、この作者の作品はこの『孤笛のかなた』しか読んでいません。
ですから他の作品とは比べようも無いのですが…
本の帯に書かれている 宮部みゆきさんの言葉のように
「本書の魔法は超一級品です」
という評が とても相応しい作品だと思いました。

最近はめっきり和書を読まず、来月始まりの英会話教室に備えて
大慌てで洋書相手に格闘中の私ですが…
極端に英語漬けになった途端に 
その反動で猛烈に和風物が恋しくなりました(笑)
そんな気持ちで本屋さんを彷徨っていた時、
幻想的な美しい表紙絵に目が留まって 購入してしまいました。

「野間児童文芸賞」という賞を受賞しているそうですが、
このお話は大人でも十分堪能する事の出来る
質の高いファンタジーといえるでしょう。

『孤笛のかなた』
   上橋菜穂子 : 著
   新潮文庫
   定価 : 本体590円(税別)

…このお話を読んだら…
伏見稲荷大社に またお参りしたくなりました。
(↑銀猫の稲荷山登山レポは↑をクリック^^)
もう少し暖かくなったら、お山の狐の塚巡りに
よっこらと行ってみようかと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは
ストーリー、なんとなく宮崎アニメを想像しちゃいました。
登場人物が動き出す様な錯覚に!銀猫さんの文章力には
毎度脱帽です。

稲荷山登山の風景…そしてやはり目が行く食べ物(^^;)
来月からの英会話教室も楽しみですね。




2007/03/19(月) 20:57:03 | URL | もっちゃん #-[ 編集]
もっちゃん様、いらっしゃいませv
宮崎アニメ、いいですね~^^
このお話をやってくれないかなぁv
でも、今度の新作(来年夏の公開予定)は
人間になりたい金魚と 男の子のお話だそうで…
むむむ。

私の文章は、本当に大したことなくって
他の書評部屋にお邪魔すると自分の才能のなさに
ぺっこんと凹んでしまいます^^;

来月の英会話教室、今週中には葉書きで
何曜日のクラスになったかの通知が来る予定です。
楽しみなような…おっかないような(笑)
誰かお友達が出来るといいなぁ~と期待しています。
2007/03/20(火) 18:32:27 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
銀猫さんは、伏見のお稲荷さんがとっても気に入ったんですねー。
今度の25日は、旧暦の初午ですから。
伏見稲荷さんでもなにかお祭りをされているやもしれませんよ。
ただし、あいにくのお天気になりそうな気配ではありますがv-292
2007/03/21(水) 11:46:42 | URL | たまねぎ御殿 #-[ 編集]
うわぁ(^^)
ここへ来ると銀猫さんの上手な文章でついつい引き込まれて
その日のうちに本屋さんへダッシュすることも多い私です。
今日も旦那不在で暇を持て余しているので(^^;)
仕事の買い物ついでに本屋へ行ってみようと思いマス♪

それにしても・・・
お稲荷さん関係ではちょっとコワイ思いをしたりしましたので
あだやおろそかにしてはイケナイと思っております。
そういえば、狐さんはそういったモノが多いのに
狸はユーモラスなものばかりなのも、なんだか不思議(笑
(同じく「化け猫」がいるのに「化け犬」がいない、とかw)
2007/03/21(水) 12:34:33 | URL | みもー #-[ 編集]
(*・ω・*)ノ~☆こんばんは♪

最近、忙しさを理由に読書から離れている私、
この本を猛烈に読みたくなってまいりました。
本屋さんにダッシュしたいと思います。
2007/03/21(水) 18:55:28 | URL | のほほん☆うさぎ #-[ 編集]
また魅力的な本!
最近、写真の多い本ばかりを読んでいます。
昨日、韓国語塾をサボってしまいました(^^;)
一時、のめり込みすぎて・・・ちょっと冷め気味です。
また検定などの目標を立てたら、やる気が戻るのかなぁ。。。
2007/03/21(水) 18:57:42 | URL | mai #-[ 編集]
たまねぎ御殿様、いらっしゃいませv
伏見稲荷はお稲荷さんの総本山なので…
何か行事のあるときは、物凄い人出で大変らしいです;;
敷地内には地方から泊りがけでお参りに来る人の為の
大きな宿舎までありますからね~。

私は別に信者ではありませんし、
お山のシーンとした雰囲気が気に入ったので
あまりに人出の多い時は避けようと思います。
折角お参りに来ている信者の方々の邪魔になってもナンですし^^;
(ご本尊(?)のお稲荷さんよりも、お使い係の狐の方が好きだなんて邪道ですよね~)

あ~あ、出来るなら狐と一緒に暮らしてみたい~v
なんて思ってしまう私です。
2007/03/22(木) 07:13:07 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
みもー様、いらっしゃいませv
お稲荷さんというのは、ちゃんとお社にお祭りする時に
総本山から神様を分けて頂くんだそうで…??
なので、お稲荷さんのお社を取り壊す時には
ちゃんと神様をお返ししないといけないとか。

無宗教な私にはよく分からないシステム(^^;)ですが、
この度、主人の実家の兄の家(要するに親戚のおじさんですね)に
何故かお稲荷さんの小さなお社があることが判明!
ちゃんとお祀りしているのかなぁ、ちょっと怖いなぁ~;; と思っている私です。

それにしても、何故か昔話には
狐は悪賢く・狸はお間抜け^^ というパターンが多いですが…
多分、顔つきが狐の方がほっそりしていていかにも賢そうだから、
という見かけの判断ではないかと思うのですが、
実際の動物としての賢さはどうなんでしょうね。
動物園の人ならわかるかな~^^

それにしても狐…一度でいいから、撫でてみたいです♪
(ミーハーすぎ?)
2007/03/22(木) 09:47:06 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
のほほん☆うさぎ様、いらっしゃいませv
私の方は子供達の学校がいよいよ春休みに入ってしまい、
今までの自由時間がなくなりました…とほほほほ;;
読もうと思って古本屋で買い集めた本が、まだ数冊残っているのですが
今度はいつ読めることやら です。

この「孤笛のかなた」は、登場人物などもややこしい関係はないので
読み始めたらスラスラ読み進むことが出来ます。
もともとは児童書ですから、大人的なドロドロはほとんど出てきませんv

本屋さんに行くと、いつもいつも見た事の無い本が新刊になっていて…
世の中には文を書く才能のある人がこ~んなに溢れてるのね、
と思うと羨ましいなぁ~。

お時間のある時には是非、本屋さんを探検してみて下さい。
きっとのほほん☆さんのお気に入りの一冊が見つかりますよ~♪
2007/03/22(木) 10:07:19 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
mai 様、いらっしゃいませv
写真集って、どの本もとても綺麗ですよね~v
特にそれが遠くの土地を写したものだったりすると…
すぐにでも行ってみたくなりますね^^

語学の勉強は、情熱が続いている間が一番勉強がはかどります。
mai さんは去年は韓国語まっしぐらでしたから、
今年はちょっと休憩モードに入ったんでしょう。
そんな時は、無理に次の目標を立てないで のんびり違う事を楽しんだ方がいいと思います^^

きっとまた「やりたい!」という時がくると思うので、それまではゆっくり
お勉強に疲れた頭を休めてくださいね。
今度は、イタリア語をやりたい! と思うかもしれませんし? ^^
一つではなく、色々な言語に挑戦するというのも楽しいと思います♪
2007/03/22(木) 10:18:28 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/24(土) 16:52:34 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。