日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『英語ができない私をせめないで!』小栗左多里:著
2007年02月15日 (木) | 編集 |
普段読まない、と言いつつ…何やら実用書的?な本を
また一つご紹介^^;

英語ができない私をせめないで!


本職は漫画家さんだそうです。
私は読んだことがないのですが、代表作は「ダーリンは外国人」。
タイトルだけなら知っています^^

そう、小栗さん、国際結婚をなさってらっしゃるのに
「英語があまり出来ない」のだそうです。
それというのもご主人が日本語堪能で、
オマケに日本に住んでいるから。
生活上覚える必要が全く無いので、それは当然覚えませんとも。
私だって、必要も無いものは覚えられません。

ところがある日、ご主人から「そろそろ海外に移らない?」と
打診され、一念発起で英語に挑む事に…

英会話学校、プライベート・レッスン、
英語の本を買って独習、ラジオの英会話講座を聞くなどなど、
実に様々の「英語学習」を試した感想が、この本に書かれています。

ただ書かれているだけではないのが、この本の面白い所^^
漫画家さんだけあって、中身も文章と漫画が半々くらいです。
語学を学ぼうとした人なら、誰でも一度は経験しているような
ボケ・ズッコケ・腹が立った事・理不尽に思った事などなどが
テンコ盛りの内容です。

日本って「英語を喋る外国の人」は 
何故か無条件に「スゴイ!」と勘違いされ、
その人にちょいと話しかけられようものなら 
まるで超有名人に話しかけられたがごとく
天にも昇るように大騒ぎで嬉しがる人が多いですが…
それって、ヘン。絶対に間違っています。

「英語を喋る」というだけでスター扱いされるなんて、
戦後の日本の英語教育がどれだけ間違っていたかを証明しています。
日本に良い人も悪い人もいるように、外国人だって同じ事。
その辺を分かっていない日本人、未だに多いようで心配です。
英語が出来ないというだけで、何となく劣等感を感じるのも同じこと…
たかが「意思疎通の道具の一つ」としての英語、
出来ないからといってそれほど引け目に思う必要が
一体どこにあるのかなぁ。

この本の著者のように、必要が生じてから真面目に学ぶというので
もう充分だと思う私は…
現在は必要の無くなってしまった英語能力、急坂を滑落中です(笑)

それにしても、一口に「英会話教室」といっても
実に様々な特徴ある学校があることを、この本で初めて知りました。
更にいまやネットの世界でも 無料で学べるサイトや
独学に超・お役立ちサイトが沢山。
驚きです…

私には今の所も、今後も必要がなさそうな英語ですが
この本を読んだら何だかもう一回やり直してみようかな
な~んてつい思ってしまったりして。
いえ、思っただけで終わってしまいそうではありますが^^;
せめて、中学生の娘の質問に答えられるレベルにまでは
戻っておくべきかもしれません。
先日「過去分詞って何?」と聞かれて、あわわわ。
咄嗟に答えられなかった私です。慌てて調べて、後日回答と解説を…
うっ、こんな母をせめないで~;;

『英語ができない私をせめないで!』
   小栗左多里 : 著
   大和書房
   定価 : 本体619円+税
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
このシリーズ!!
こんばんは。。
私、このシリーズ好きなんです!!
「ダーリンは外国人」も読んでいて楽しいです。

英語・・・。中学の英語の授業は好きだったの
ですが、高校に入ってから苦手になりました。
長い文章と難しい文法でノック・アウトです(泣)
苦手ならなおさら、もう少しまじめにやれば
よかったな~なんて時々思ってしまいます。
やらなくてはならない事ではないからそんな
風に思えるのかもしれませんけど・・・(-″-;)
2007/02/16(金) 00:10:13 | URL | かいと #-[ 編集]
知ってます
この本、実はイギリスに来るときに友人が持たせてくれた中に入っていて、大笑いしながら読みました。
赴任奥様たちにも、回してあげたりして。

私が参考になると思ったのは、単語力増進目的のネットのHP。と言っても最初はまめに単語チェック!みたいにやっていましたが、今はもうやってません^^;

全くj銀猫さんのおっしゃる通り、「学びたい」と思ったときがそのときだと思います。
うちの主人も、仕事ですから必死で学んだようですが、心の中では「おまえら、英語しかしゃべれないんだろう。えらそうにするな。」くらいの気持ちみたいですよ。
2007/02/16(金) 00:16:05 | URL | キルト #GjetvEW6[ 編集]
必要じゃないと
私も大昔(高校生の頃)英会話をちょっとだけ・・・。
香港の方々と交流する機会がありまして
(香港人は広東語と英語、両方でした)
その時に「授業で習った英語って何だったの???」
かなりがびーんと来た事を思い出しました。
必要に迫られれば勉強もはかどりますけど、語学は難しいですよね~~~。やっぱ、必要ないと覚えられませんよ。
その時に折角覚えた英会話・・・今は完璧忘れてますw

そういえば以前地元の駅で、日本語ペラペラの外国人さんがおばちゃん2人連れに
「西船橋マデ、ドウヤッテ行ッタライイデスカ?」って。
そしたらオバちゃん達は
「「Oh~~!ニ~シフ~ナバ~シ!!!」
・・・って・・・あんたらバリバリ日本人のくせに。(‐_‐;)
日本語で教えてやれよ、って突っ込みそうでした(笑
2007/02/16(金) 08:58:10 | URL | みもー #-[ 編集]
まだ間に合うかな?
英語が話せたら楽しいだろうな!って思ったりします★
娘1号は高校の英語学科で学びボストンに留学もし、僅かな会話はOK!つたない英語で海外旅行を楽しんでいるけど、私はまったくダメです(>_<)
でも交換留学生が我が家にホームステイした時も
昨年娘2号がアメリカ人青年と踊った時も
単語の羅列で会話が成立した?なんて勝手に思っていますがね^^;
時間に余裕が出来た今、トライしてみようかな?
2007/02/16(金) 09:25:56 | URL | もっちゃん #-[ 編集]
私のことも責めないで
「ダーリンは外国人」読みました。面白かったです。
他にも英語の勉強の実践記録も読んだけど。
これだったかな?違うかな?
例によって立ち読みだったので。
本屋さん、ごめんなさ~~~い。

私は、英語に関わらず、語学は
「短期集中」のほうが身に付くと思っています。
本人に言っちゃ失礼だけど、幼児から英会話教室に
だらだら10年以上通わせるなんて、ナンセンス。
と思っています。

あと、最近思ったのは、ラテン系の語学は似てますね。
例えば、フランス語とスペイン語とイタリア語。
これなんか、文法的にはいっしょに勉強したほうがいいかも。
英語って、日本語と最も遠い言語なんだ。
と、スペイン語をちょっとかじってみて思いました。
スペイン語のほうが日本語に近いよ。
主語はほとんど省略だし。
BとVの区別はないし。Pの発音も破裂音じゃないし。
いっそ、第一外国語は、スペイン語にしちゃえばいいかも。
2007/02/16(金) 20:12:05 | URL | SATOKO #J7K/fbQw[ 編集]
かいと様、いらっしゃいませv
英語って、何をおいてもまず「文法」で引っかかりますよね。
なんであんなにややこしい構文になるのかな~
なんて、英語で困る度に溜息をついたものです。

でも、英語圏の人に言わせれば日本語こそが難しいそうで。
確かに、英語はその周辺のフランス語やドイツ語などなどと
共通点も多く、一つ覚えればスルスルと簡単に覚えられるそうですが
日本語は非常に特殊という感じがします。
同じ漢字圏の北京語さえ、文の組み立ては英語とほぼ同じなんですよ。

その不思議の言語を操る日本人…
英語人に負けない魅力があると思いませんか^^
2007/02/16(金) 20:13:36 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
日本語うまい人が羨ましい
ダーリンは外国人 が読んだことがある!
面白かった!!
日本語もとても勉強になったし、
あるところとても同感でした^^

しかも、Tomっでしたっけ、に
すごく羨ましいですよ、
日本語それほどうまくてさ~
もちろん、皆さんにも羨ましいているです
時々コメント書くのは恥ずかしい
日本語下手だから*^^*

読んで見たいですね
明日本屋さんに行く^^v

2007/02/16(金) 20:14:08 | URL | echo #-[ 編集]
キルト様、いらっしゃいませv
この本をプレゼントして下さるなんて、何て素敵な
ご友人でしょうか~v
そちらでも回し読みされたそうで、きっとみなさんの
英語勉強のお役に立ったのでしょうね~!

駐在の奥様ですと、やや日本語ができるプライベート専門の先生などに
家に来てもらって習ったりする事が多いかと思いますが
如何でしょうか?

私はそちらの外国人専門の英語学校に毎日通っていましたが、
そこに来る日本人は 日本から遊学の若い子ばかりでした。

ご主人様はお仕事ですから、大変ですよね。
私もほんの2年ほどですが、ロンドンの日系企業で
働いていました。
(え、ワークパミットは? …イギリス生まれですので不要だったのです^^; モグリ労働ではありませんよ~)
その時のイギリス人同僚達を見ていたら、英語は世界で一番使われている言葉ですから
どうもイギリス人は他の外国語を習うことに
慣れていないようだな~ という印象でしたね。

ご主人様の心意気、実に核心を突いているんですよ^^ 
2007/02/16(金) 21:06:41 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
みもー様、いらっしゃいませv
英語に限らず、語学というのは本当に
「使わないと身につかない」最たるものですね~。
その代わり「本当に必要となったら短期間に驚くほど覚えられる」ものでもあります。

恥ずかしながら私はそれを イギリスと台湾、両方の生活で実感しました。
どちらの国にも、行った時には「はろー!」「にいはお!」しか
わからない状態でして^^;
生活必需用語は、もう体当たりで覚えましたね~;;

けれども、その少し上のレベルとなると途端に難しくなります。
情景や心理描写の細かい言い回しだの、お上品な教科書には出てこない言葉だの
「それを覚えなくても暮らせる」ランクの言葉は
余程努力しないと身につきません…多分。

そして、みもーさんのおっしゃるように
使わなくなったら忘れる勢いの早いこと T_T
私のあの時の努力は何だったの~と、
頭を抱えてしまいます;;

それにしても…おばちゃん2人組さん、面白すぎです^^
相手が外人さんだと、その発音に釣られちゃうことってありますけどね~v
2007/02/16(金) 21:29:07 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
もっちゃん様、いらっしゃいませv
キルトさんもおっしゃっていますが、
その気が出たときが勉強を始める時! ですよ~^^
必要だから・面白そうだからなど、興味が向いた時がお勧めです!

「○×に旅行に行くから!」という目標を立てると、
より身につきやすいですね^^
今は、英会話学校でも「海外旅行用短期集中コース」が
常設されているところが多いようです。

それと、英語はやはりただの「道具」ですから。
相手に面と向って、体当たりの真剣さで挑めば
たとえ文法がヘンでも・単語がよくわからなくても
ちゃんと通じる事が多いんですよ!
要は、伝えたい・分かりたいv というお互いの気持ちが一番大切です。

英会話…
ご興味がおありのようでしたら、是非この本をご参考に
どんなタイプの勉強が一番面白そうだか
研究してみて下さいね~^^
2007/02/16(金) 22:07:42 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
英語はネック
英語ができないからって、卑屈にらななくたっていいんでしょうけど…
英語はダメ~~。
日本語だって覚束ないのに(^^;)
外国には、もう行かないと思う。多分。
日本でぬくぬく生活するんです(キッパリ!)
2007/02/17(土) 15:44:32 | URL | たまねぎ御殿 #-[ 編集]
SATOKO様、いらっしゃいませv
「短期集中学習」、賛成です^^
第一、普段使わないものでしたら
余程好きでなければ 覚えられません…
勉強ではなく趣味としてなら 長続きするかもしれませんね^^

スペイン語って、日本語に似ているんですか。
それは知りませんでした。
インドネシア語は、
単語の羅列だけで充分会話が成り立つそうですので
これも覚えるのは簡単だと聞いたことはありますが…

どんな言葉でも、習得するにはその言語の一から
覚えることが必要ですから、
精通するには気の遠くなるような努力が必要な気がします;;
年々頭の引き出しがさび付いて開かなくなる私、
今以上に新しい言語を詰め込むのは もう無理そうです~;;
2007/02/17(土) 21:02:17 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
echo 様、いらっしゃいませv
echo さんにとって、日本語は3つ目の言葉になるんでしょうか?
まだ他にもあるかもしれませんが…

日本語で生活して、文字と文章も出来て、
尚且つ他の言語もなくさないようにするのはとても大変ですよね。

私が台湾にいたときに仲良くしてもらったご家庭では、
子供たちに話しかけるのは常に複数の言語を織り交ぜる、
という教育方針で驚かされました。
「北京語」「台湾語」「英語」「日本語」、
この4つの言語を主に使って、いつもいつも毎日
繰り返し子供たちと会話しているのです。

よく混乱しないな~と思うのですが、子供は覚えも早いですね。
知り合って1年ほどで、あっという間に4つ全ての言語で、
生活用語を聞き取って言えるようになっていました。

もっともそうする為には まず親がその語学に堪能でないと
いけませんが…
中華系の人は語学においては本当に勉強熱心で、
一人で数ヶ国語を使える人が多いのに驚きます^^

echo さんも毎日、頑張っていますね。
凄い事ですよ~v
2007/02/17(土) 21:14:03 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
たまねぎ御殿様、いらっしゃいませv
うちも、もう英語に縁はなさそうです。
5月でパスポートは切れてしまうし、
何より娘が受験期~高校に入ったら もう日本から動けません。
ここ1年以内に海外転勤の可能性はゼロですし、
もうこのまま日本に永住かな~^^

私が今後英語や北京語を勉強するとしたら、それはもう
目的のない「趣味」にしかならないと思います。
昔を懐かしむためだけ、とか。
私ももう、あとは日本でぬくぬく暮らします♪ 
2007/02/17(土) 21:19:29 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
娘にお願いしちゃいましたw
この本は読んだことありませんでしたが 小栗左多里さんは岐阜県出身の数少ない文化人!誉れです。
私は子育て物を読んだことがあります。
絵も結構好み!
娘に今聞いてみたら 「図書館にあるよ」「ホント!?借りてきて!!」しっかりお願いしちゃいました。

SATOKOさんの意見に大賛成です!
私もスペイン語を習ってたことがあって そのときは気がつかなかったのですがイタリア語と似てる!って思うことが多々。
地形的に見ても言葉が似てて当たり前かもしれませんが
同時にに2ヶ国語勉強しても 1.5ヶ国語ぐらいの感じじゃないでしょうか(゚_。)?
アメリカではラテン系の人がどんどん増えていってるから 最近のアメリカ人は フランス語よりスペイン語の勉強が盛んだそうです。

日本でも今 中国語の勉強してる若い人が沢山いますね。
そんな若者の姿に感動しちゃうんですよ~。
新しい時代を作ってる人たち!ってね。
頼もしいですねえ。
世界が縮まって行く感じがして。。。
 心と心の距離も そうなるといいですね。

2007/02/21(水) 23:37:06 | URL | となりのおばさん #-[ 編集]
となりのおばさん様、いらっしゃいませv
お返事、遅くなりましてすみません;;
ちょっと実生活があれこれと忙しく…
更新も止まったままになっておりますが。

この本を読んだお蔭で、また英語をのんびりとやり直そうか…
と思いました^^
勉強、というと構えてしまいますし、この言葉には
学生時代に散々嫌な思いをさせられたので
「趣味」と考えて、無理なく再出発をしたいと思います。

北京語と英語、どちらにしようか迷ったのですが
結局、一番必要度の高そうな英語にしました。
何しろ娘に聞かれても分からないんですから、
マズイです~ !><!

言葉の壁が少しでも低くなれば、行かれる場所も
ぐんと増えますね^^
外国語を学ぶ事は頭のトレーニングにもなりますし、
ボケ防止に格好の素材かもしれません。
2007/02/24(土) 12:19:31 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。