日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「ぼんくら」(上・下) 宮部みゆき:著
2006年12月18日 (月) | 編集 |
ぼんくら(上)

最近、あれこれと本を読み漁っている銀猫です。
その中でもクセがなく、素直に面白いと思えた今回ご紹介の本は…
宮部みゆきの 時代捕り物帳です^^

江戸の下町、長屋で起こった殺人事件。
これを皮切りに、同じ長屋で不可解な出来事が次々と起ります。

最初はどの事件もてんでバラバラ、そこには何も共通点は
なさそうでしたが…実は全ての事件の根源はある一点に。

上巻の半ばまでは、このバラバラの事件が一つずつ進みます。
上巻の後半に入ってから、事件の背景が徐々に姿を見せ始め
下巻では真実に向けて一斉に物事が動き始めるという段取り、
さすが宮部みゆき…
読者を飽きさせない見事な筆運びだと感心しました^^

登場人物もそれぞれに個性的で 魅力溢れる面々です。
主人公の八丁堀の旦那こと「井筒平四郎」は
ちょっと冴えないおじさんです^^;
タイトルの「ぼんくら」はこの平四郎おじさんの事らしいですが(笑)
どうしてどうして、このおじさん、なかなか考え深く 
隠された背後の事件の核心にじわじわと迫っていきます。
後半はそこへ奇妙な特技の持ち主の二人の少年も登場、大活躍。

話の基本となる江戸時代の町や長屋の「仕組み」も
とてもわかりやすく説明されていて、
あ~昔はこんな風に それぞれを自然に助け合うような
人情溢れる「生活」が当たり前だったのだなぁ と 
「隣りは何をする人ぞ」的に付き合いの薄いのが当たり前な、
気楽だけれどもそっけない現代の暮らしと比べて
ちょっと羨ましいかも、と思ったり^^

もうすぐ一年で最も日本的な行事「お正月」が迫っている
ということもあり、こういった時代物を読むと
「日本だなぁ~」という気持ちがしみじみとこみ上げて来ました。

これ、シリーズになってくれないかしら?
と思ったほどに 読み終わったあとには主要登場人物たちの
魅力の虜になること、請け合いですv
最近「和風」が恋しいかたには 是非お勧めの本ですね。

『ぼんくら』
  宮部みゆき : 著
  講談社文庫 (上)(下)とも 定価 : 本体590円+税
        
本日のBGM … 「音楽工房 夢見月」サイト様より
            「横丁の駄菓子屋」
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
宮部さんの時代物
こんにちは。
私も好きです、(宮部さんの)時代物。

「ぼんくら」はハードカバーを友人に借りて読んだ記憶があります。役職の言い方が珍しかった(差配さんとか?)。

人物描写がすばらしく、読後感も良いですね。
年末に日本に帰ります。
本当に、日本食が恋しいわ^^。
2006/12/19(火) 04:55:56 | URL | キルト #-[ 編集]
SFが
宮部さんの場合、SFから入ったんです。
だから、SF、ミステリーは結構読んでるんですが、
時代物は1冊も読んだこと無いのです。
時代小説って、実は得意じゃなくって。
そう!役職とかわかんないの。
彼女の作品は面白いだろうことは、知っていながら・・・。
これ、時代物入門にも適してますか?

人物を上手に書ける人って、好き。
キャラクター設定は、作者の人柄も関係してるんだろうな。と、思います。
自分の内部にないものって、書けないと思うからです。
宮部さんって、きっといい人だろうな。と、思っちゃいますね。
2006/12/19(火) 16:41:57 | URL | SATOKO #-[ 編集]
ぜひトライしてみて
SATOKOさん、はじめまして。銀猫さんとはmixiと言うところで知り合いました。

「ぼんくら」だけではなく、何だったかな(最近すぐに忘れてしまうので。お初だったかな)女の子が主人公の、妖怪(??)が出てきたりするのもあります。

「模倣犯」やその他のものとは全く違う、
人情あふれる宮部ワールドがありますよ。
2006/12/19(火) 19:48:13 | URL | キルト #-[ 編集]
読んでみます!
こんばんは!
宮部さんの小説はとても好きで読んでいるのですが
時代小説はどうなのかな~?と思っていました。
最近司馬遼太郎さんの小説を読んで、時代小説の
おもしろさがわかったので、宮部さんのも読んで
見ようと思います!
(またまた読みたい本が増えちゃった・・・)
2006/12/19(火) 23:01:27 | URL | かいと #-[ 編集]
キルト様、いらっしゃいませv
もうすぐ楽しいお里帰りですね~v
私はもうすぐ、恐怖の子供達の冬休み…
ああ~、毎日3食の献立に悩んでしまいます~;;
(↑お料理 大の苦手人間;;)

「ぼんくら」、もうお読みだったんですね。
面白いですよね、このお話vvv
私は文庫本で出会ったのですが、ちょっと検索してみたら
ハードカバー本の方では同じく平四郎シリーズとして
「日暮らし」という本も出ているようでした。
早く文庫で出ないかなぁ~!と 切望中です。

日本は急に寒くなったり、ちょっと温かさが戻ったりと
天候不順気味です。
雪国ではもう雪も積もっていますが、スキー場では
雪不足で困っていたり。
どうぞお気をつけてお帰り下さいませ^^
2006/12/20(水) 06:23:31 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
SATOKO様、いらっしゃいませv
時代物入門、とても適しています。大丈夫です^^

今はもうない街の仕組みや身分制度など、時代物を
読むときにはどうしてもこんがらがってしまいがちですが
宮部さんのこの「ぼんくら」では、私のようなボケた頭にも
とても分かりやすい文章で、しかもお話の流れを壊すことなく
必要な解説が書かれています。

へぇ~、昔はこんな風な仕組みになっていたんだ。
と、読んで得した気分になること、請け合いですよ~♪

私はまだほとんど宮部さんの作品は読んでいないのですが…
初めて読んだのは「パーフェクト・ブルー」。
随分昔に読んだのですが、これで宮部さんの名前を覚えたほどですから
面白かったんだと思います。
(流石にストーリーは忘れていますが、確かトリックがおお! と思ったような…)

娘が宮部さんの「ステップ・ファザー・ステップ」にはまりまして
それで私もまた読もうかな、と^^

文書の上手な人って、内面が豊かなんでしょうね。
私も宮部さんに会ってみたいと思います~v
2006/12/20(水) 08:37:20 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
おお! 新しい出会い? ^^
キルトさんからSATOKOさんへ
メッセージ入ってますねv
新しい出会いの予感…ワクワクします!

キルトさんv
SATOKOさんは、旅行会社のエージェンシーさんですv
SATOKOさんのお部屋には 楽しくて為になる旅行のお話、満載です。
その守備範囲も国内は勿論、海外も多数!
いつお邪魔しても「わお~v」という素敵なお話に溢れています^^

現在この部屋では、ここにおいでの常連さんへのリンクを設定していないのですが…

SATOKOさんのお部屋に今すぐお邪魔したいv
と思われましたら、SATOKOさんのコメントの後の
「URL」という文字を見て下さい。
そこが「色付き」の場合は、コメントを投稿して下さった方が
ご自分のお部屋へのリンクを貼って下さっているということですので、是非クリックを^^
あっという間にSATOKOさんのお部屋へ飛んで行けますよ~v

SATOKOさん^^
キルトさんは現在 イギリスにお住まいですv
ご主人様の転勤で移り住まれたそうで、まだ4ヶ月
(もう5ヶ月に入られましたか?)だそうです^^

キルトさんは mixi からのお客様ですので、残念ながら
mixi 会員の方以外は 例えお部屋のURLを教えてもらっても 
基本設定で mixi のトップ・ページにしか行く事は出来ません…;;

もしもまだ未入会で mixi にご興味がおありでしたら、
差し支えのないメルアドにご招待状をお送りします…
が、もちろん、わざわざ mixi に入らなくても 
このお部屋でもSATOKOさんのお部屋でも
楽しいコメントのやり取りは出来ますです~^^

キルトさんの仰っている宮部さんの作品は、
「震える岩―霊験お初捕物控 」という本です^^
これはもう文庫本で出ていまして、続編もあります。
(続編は「天狗風―霊験お初捕物控〈2〉」といいます)
只今、銀猫は古本屋さんをうろついて
運良く安価でゲット! の機会を狙っています(笑)

FC2に引っ越してきて、早いものでほぼ半年過ぎました。
おいで下さるお客様も大体お顔が決まってきましたので
来年にはそろそろ…他のお部屋へのリンクを考えています。
ただ、mixi からおいでの方はリンクを貼れないのが残念です~;;

その他の方々、来年はリンクのご許可の有無をお伺いに参上いたしますので
どうぞ御一考下さいませ^^
2006/12/20(水) 09:07:04 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
かいと様、いらっしゃいませv
宮部さんの時代物、面白いですよ~v
と、いっても 私もこの本が初めてだったのですが、
これだけ面白く人情味溢れるお話が書けるなら
他の宮部さんの時代物も きっと大当たりv
だと思います。

私も最近、読みたい本がどっと増えてしまって…
なるべく古本屋さんで! と思っているのですが
なかなかそうもいきません(忍耐不足~;;)。

今月の家計費ピンチ、どう言い訳しようかなぁと思いながら
また今日も1冊 手に取ってしまう私でした(笑)
2006/12/20(水) 13:43:35 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
mixiつながりですか
キルトさんと、銀猫さん。
実は、私もmixiのアドレスを持っているんですよ。
でも、まだ、お友達が少ないの。
何より使い方がよくわかってなくって。^_^;
ほとんど有効活用してません。
持ってると、銀猫さんのmixiのパージにも行けるんでしょうか?
キルトさんのページにも遊びに行っていいの?
2006/12/20(水) 18:35:43 | URL | SATOKO #-[ 編集]
mixi
SATOKOさん、私もほんの少し前に始めたばかりで、お友達もほんの少しです。(それでいいか、と思ってたり)

私は、自分でブログを立ち上げる(手間・ひま)気力がさほどなく、でも、どこかにイギリスでの暮らしを書き留めておきたかった。
そんなときに、偶然mixiを教えてもらって、日記をつけておけるんだ~と喜んで参加したしだいです。

なので、ページに遊びにきてくださいな^^。
SATOKOさんのお部屋ものぞかせてくださいね。

銀猫さん、ブログの仕組みを教えてくださってありがとう。
こちらは、朝真っ白の霜がおりていました。
そして、今は午前11時近くですが、一向に溶けません。
木々の枝、芝がそのまま白いですよ。
2006/12/20(水) 19:48:57 | URL | キルト #GjetvEW6[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/20(水) 21:02:43 | | #[ 編集]
待ってました♪
こんばんは^^
訪問が遅れてしまいmした★
私、一時期宮部みゆきさんの本を読みまくっていました。
以前勤めていた会社の先輩が「すっごくいい作家だから読んでみて!」と、宮部さんの本をいーっぱい貸してくださったんです^^
『ぼんくら』は読んでいないので、是非読みたいと思います♪
最近、1日1冊は本を読んでいます。塾用の大きなカバンを常に持ち歩いて、必ず2冊は本を入れています。それに、大きなカバンを持っていると、いつどこで図書館に入っても本を借りるのに便利です(笑)
暇さえあれば本を読んで、韓国語の勉強はサッパリです(苦笑)
2006/12/22(金) 17:29:34 | URL | mai #-[ 編集]
mai 様、いらっしゃいませv
うちは更新、とても遅いですので
いつでも気が向かれた時に ふらりと遊びにお寄りください^^
あら、まだ前の記事のまんまだわ。
な~んて事も しばしばかもしれませんが(笑)

私は最近になってやっと宮部さんを読み始めたのです。
しかも、今抱えている本の山は 宮部さんだけではなく
色々と入り乱れて ジャンルもバラバラ…
その中で何冊がここで「面白いです!」とご紹介できるのか、
どうぞ来年をお楽しみに…??

mai さんも以前お部屋で記事にしていらっしゃった「六角堂」を、
次の記事に持ってきました。
本当はこの近くの錦市場にある甘味処も紹介したかったのですが
六角堂の記事が長すぎたので 次回に持ち越しです…;;
mai さんの京都便りも、いつも楽しみにしていますv

寒い冬は暖かい部屋で楽しい読書、
本好きにはたまらなく幸せな季節かもしれませんね~^^
mai さんも面白い本をご存知でしたら、
是非記事にして下さいv
2006/12/22(金) 19:26:37 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
ぼんくらブルース
読みました。いつも現代物の宮部作品読んでたんですが長編時代物は初めて。徐々に謎が解明され読後感がよかった。こうゆう小説読むと江戸時代も味わい深い。よく仕事で江東区とかいってたんでより楽しめたきがします
2008/09/07(日) 22:22:34 | URL | 福田浩司賞味大臣 #CFnWuolQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。