日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカル「CATS」の原作本
2006年09月22日 (金) | 編集 |
CATS の原作本


何故か 現在登録している洋書ランキングにて首位…
見て下さっている皆様、有難うございます。

いつもでしたら記事の内容によって あちらこちらへと
ランキングのジャンルをホイホイ変えてしまうのですが、
折角「初の首位」なので、もう一つだけ洋書のご紹介を^^
(なんて言っているうちにランクが落ちるのは ご愛嬌でございますv)

「 Old Possum's Book of Practical Cats 」

この長~い題名の本は、あの有名なミュージカル「CATS」の
原作となった詩集です。

現代の天才作曲家、Andrew Lloyd Webber(アンドリュー・ロイド・ウェバー)が
T.S.Eliot (T.S.エリオット)の詩を元に曲をつけたもので、
非常に個性的な猫達の物語を 華麗なるミュージカルに仕立て上げ、
世界中で大ヒットした作品です。

日本ではご存知「劇団四季」が1983年に初公演を行い、
以来ずっと続いているという超ロングランです^^
  ※ 劇団四季のCATSの詳細や公演情報は「こちら

私がこの有名なミュージカルを観たのは、ロンドンの劇場でした。
…実は、現在の主人を連れての デートだったのですが…^^; 
あ、蛇足ですが主人は日本人です、イギリス人ではありませんよ~(笑)

当時は単なる交際相手だった主人ですが、その主人に少しでも近づく為に 銀猫、
今思えば涙ぐましい心配りをしておりました。
このミュージカルを観に行くことも、その一つ。

普段は全く その様な文化的なものには縁もゆかりもない日本人2名です。
せめてロンドンにいる時くらい、本物に触れてみようではないかと
朝早くから夜まで仕事で忙しい主人に代わって、下っ端OLで
やや暇な銀猫が 直接劇場へチケット確保に出向きました。
チケットは意外に簡単に半月後のいい席が取れ、
二人はミュージカル初体験に緊張しながら出かけると…

大人に連れられた 金髪のお子様たちの大群が(笑)
日本ではどうだか知りませんが、当時のロンドンでは
「CATS」は子供に大人気のミュージカルだったのでした。

凝った猫のメイク、しなやかに踊り・歌い・飛び回る猫達の姿は圧巻でした。
特に、途中で何度も入る年老いた元娼婦の猫「グリザベラ」が切々と歌い上げる
「Memory」のメロディの美しさ。
染み入るような歌詞の哀しさと それでも明日への希望を失わない 
毅然とした強さに心を打たれました。

そして迎える感動のラスト…
劇場中の 子供も大人も 拍手を惜しまない素敵な興奮の中、
私も感動して主人に「面白かったね!」と言おうと横を振り向き。

     …コラァ! 起きんかーいっ;;

すやすやと寝ている主人の姿TT
いくら、思ったよりもお子様向けだったとはいえ…寝ることはなかろうよ;;

その後「ミス・サイゴン」「オペラ座の怪人」と超有名どころの
「大人向け」ミュージカルでリベンジを図るも、
ことごとく途中で寝てくれるという主人でございました;;
う~ん、銀猫、何故この人と結婚したのでしょうか(笑)

ま、それは蛇足でございますが^^;

CATSを観に行った後に、登場する猫達の多彩さに惹かれて
ロンドンの本屋を探し回り…見つけた本がこの詩集です^^

歌を聴いているとサラッと通り抜けてしまう猫達が、
この詩集を読むと その姿と共に特徴が鮮やかによみがえります。
ミュージカルで歌われている方は、当然ながら「歌いやすいように」
書き直した歌詞ですから、詩集とCDなどで手に入る歌詞は違います。
そして何より、一番印象の深い「Memory」はミュージカル用のオリジナルで
原作となったこの詩集にはありません。

それでも、今でも詩集を手にすると あの楽しさを何度でも味わえる
素敵な時間が始まるのです。

本日のBGM … 「Vivace」サイト様より
            「ガボット(ゴセック)」

CATS


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
一番乗り?やった~。

そしてランキング首位おめでとうございます。

CATS観たくなりました・・
銀猫さんはほんと多方面に沢山の知識を持っておられてすごいです。

そして旦那様とのほのぼのエピソード。。。思わず笑みがこぼれちゃいました。

2006/09/23(土) 09:36:58 | URL | hapico #-[ 編集]
エヘッ!見てません(^^;)
実は、CATSは観てません。
日本で最初にCATSが公演された頃、実家の近所に劇団四季の本格的な練習施設ができたのです。

こけら落としの時に、近隣住民に一場面を披露していただく機会があったにも関わらず…行ってない私(^^;)
この練習施設は、斜面を利用して作られていたので、お稽古場が道路から見下ろせるようになっていました。
何回か通った時は、「屋根の上のバイオリンひき」の舞台練習をされていた様子…

先日、帰省した折りに久し振りに通ってみたら…
ぬわんと!通りを挟んで反対側の斜面に、どでかい練習施設が建てられていて、いままでの所は事務所と地下?は駐車場になっていたようです。

CATSと聞くと、思い出すのはそればっかりです(^^;)
あれがDOGSだったら観に行ってかもしれない?
2006/09/23(土) 14:53:21 | URL | たまねぎ御殿 #-[ 編集]
ミュージカル
CATSは分かりませんが、東京ディズニー・シーのアメリカン・ウォーター・フロントのアンコール!というミュージカルがありまして、30分間休憩を兼ねて観れる場所がありました。

過去形なのは、今調べて今年の7月4日に終わってしまったのを初めて知りました。(ショック)

現在は、ビッグバンドヒートという…
ビッグバンドの全盛期にあたる1920年代から40年代にかけて、世界中を熱狂させたスウィングジャズを中心にお贈りするレビューショー。
ビッグバンドの演奏をバックに歌うシンガー達の歌声、そしてエネルギッシュなタップダンスのリズムが響くダンスナンバーに加えて、ミニーマウスやデイジーダック、マリーたちがキュートな歌声とダンスを、ミッキーマウスも迫力あるドラム演奏を披露します。

…というものに変わってます。
公式サイトでムービーが見れます。Get In The Mood(レッド・ロブスターのCMで有名?)もあるのが判明したので、来年、暖かくなったら行こうと思います。
2006/09/23(土) 16:15:31 | URL | K #k.sXCS9g[ 編集]
hapico 様、いらっしゃいませv
先週、更新直後まで首位だったのですが
現在は2位ですね~^^
まぁこれで心置きなく次の記事は洋書から離れられます。
ずっと洋書のカテゴリーにいられるほど、一般受けする本のコレクションはありませんので(後はホームズにスター・トレックに、獣医のヘリオット先生の本やら絵本やら^^;)。

銀猫の頭の中、雑学は多いのかもしれませんが
どれも広く浅くで あまり深くは討論できないのが
大いなる欠点です;;

うちの旦那のボケっぷり…何と申したらよいのやら;;
普通、可愛い恋人!がアレンジしたデートで寝ますか??
しかも世界的にも評価の高いミュージカルでっ;;
3連発、ぐっすりと…まったく信じられませんTT
2006/09/23(土) 16:33:06 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
すごい!
こんばんは(^^)
ランキング、すごいですね~♪
これからも応援させて頂きます(*^_^*)
CATSは、もちろん聞いたことはありますが・・・ミュージカルを観たことがないんですよね。。。
宝塚は観たことありますが♪
ご主人のZzz話、思わず笑ってしまいました(^o^)
うちのダンナもきっと同じだろうな~。
劇団四季のミュージカルは、一度は見に行ってみたいなと思っています。
いつになることやら。。。
2006/09/23(土) 23:54:06 | URL | mai #-[ 編集]
たまねぎ御殿様、いらっしゃいませv
たまねぎ御殿さんは 昔から犬派ですもんね~^^

犬が主役の…というと、う~ん…
ミュージカルでは思い浮かびませんが
宮崎駿氏の手がけた「名探偵ホームズ」のアニメが
犬が立って・喋って大活躍、というアニメでした^^
うちに弟がコピーしたビデオテープがありますが(古い^^;)
我が家の子供にも好評です。

私は「劇団四季」そのものを観たのは
メーテルリンクの「青い鳥」の舞台でした。
確か、友達のお母様がチケットを下さって
二人で観に行ったんです~。

あれも子供向け童話ではありますが、良かったですv 
2006/09/24(日) 09:43:09 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
K様、いらっしゃいませv
東京ディズニーランドには何度も行っているのですが、
(今年の春にも、1泊泊りがけで行ったんですよv)
ディズニーシーはまだ一度も行ったことがありません。

シーの方は子供向けというよりも、ショーやレストランが凝っていてデートコース向けだと聞いているのですが、調べてみたらそれなりに子供も遊べる所もあるようですね。

来年の春にでも、今度はシーの方へ行ってみたいと思いますv
2006/09/24(日) 09:53:21 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
mai 様、いらっしゃいませv
おお~、宝塚! 
私も、たった一度きりですが母が連れて行ってくれまして
東京で観に行きました~vv

華麗でゴージャスな舞台に、男装の麗人の颯爽とした格好よさ、女性のしとやかで優美な立ち居振る舞いに目がハートv になりました^^;

もう一度行きたいとは思っているのですが、折角関西に住んでいて「宝塚」にも近いのに…なかなか腰が上がりません;;

娘にも一度見せたいのですが…宣伝のポスターだと、ばっちりお化粧の濃い顔立ちばかりですから、娘が嫌がって;;
舞台ではアレがすごく映えるのになぁ~;;
ただのポスターの静止写真と 実際の生身の舞台では天と地の差があるのになぁ~;; と、残念です。

ランキング、ただいま首位を外れましたので
次は洋書を離れて別のカテゴリーに替えたいと思います^^
そうするとまた何十位と落っこちるのですが、毎回おみくじみたいで面白いですから(笑)
いつも応援いただきまして、有難うございますv
2006/09/24(日) 10:04:50 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。