日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 岐阜県・郡上八幡にて 3
2006年08月25日 (金) | 編集 |
一夜明けて、義父母の家へ戻る日です。

朝、主人・私・娘は割りあい早く目が覚めたので、
同じく早起きをしていた義母に まだ寝ている息子の子守をお願いして
町の中を散歩することにしました。

早朝6時半、この日も明るく晴れ渡り 暑くなりそうな気配…
大正時代の古い町並みが近くにあるということで、
そちらにむかって散歩を始めました。

古い町並み


この家々、表通りから見ると2階建てですが
実は川沿いからみると3階建てです。
木造の古い造りに、京都の古い家のような格子がある家が続きます。
都会では見られない珍しい風景に、カメラ片手にキョロキョロと歩く
私達…ひと目で「観光客」丸分かりですね^^;

歩いている途中、何件かの家から家の前の鉢物へ水遣りなどで 
地元の方が出てらっしゃいました。
「お早うございます」と…ほとんどの方が、観光客の私達に
声を掛けてくださいます。
普段見知らぬ人に声を掛けることなどない私達、最初はびっくり^^
ドギマギと挨拶を返しながら、流石にこういった小さな観光地は
違うなぁ…と 感心しました。

只今銀猫が住んでいる京都…
すっかり都会となり、またごく限られた地域だけが
観光用として残されている以外は 全くの普通の街です。
こんな風にご商売でもない普通の地元の方が
見知らぬ観光客に声を掛けるなど ありえません^^;

さて。
散歩を終え、宿に戻り 朝食も終えて
主人は地図と睨めっこ、義父母の家へ戻る前に
郡上八幡城と近くの鍾乳洞に寄ることになりました。

千代の里

NHKの大河ドラマ「功名ヶ辻」に出てくる
「山内一富」の妻「千代」は、
内助の功のお手本として
誉れ高い伝説の女性ですが、
彼女はこの郡上八幡城の初代城主の
娘なのだそうです。

先見の明に優れたその才は
この山河の里で育まれたのですね。



車でも上がれるお城への道は、急坂で鋭く曲がりくねった
ガードレールもない細い道でした。
車体が長めの7人乗りワゴン車の我が家、主人の運転技術だけが頼りです。

前を走っていた同じくワゴン車は、何度か急カーブを曲りきれず
同乗者が降りて バックや切り返しの補佐を。
バックも切り返しも ほとんど道に余裕がありません。
一歩間違えばそのまま下の道に落ちそうで、
車間をあけて後ろで見ている私達も冷や冷やしました;;

この道は当然一方通行で、帰りはまた別の細道を慎重に降りていくのですが…
ワゴン車で上るのはもう勘弁、というくらい怖かったですTT

そんな思いをして ようやく辿り着いたお城でした。

郡上八幡城


怖い思いをして登っただけあって、山頂のお城からの眺めは絶景でした。

山頂より

再建された天守閣の最上階は、風が吹き抜けてとても涼しく
眺めも良くて…まさに「お城」といった感じです。
しばらく涼みながら風景を堪能した後、最後の寄り道…「大滝鍾乳洞」へ向かいました。

大滝鍾乳洞・地図


こちらの地図は、クリックで拡大して見て下さい^^
中はひやりと寒いほど涼しく 天然のクーラーです。
内部は狭い洞窟の通路で、入り口から出口まで、結構時間がかかりました。

入る前は、山口県の「秋芳洞」のような広い鍾乳洞かと思っていたのですが…
入ってみてびっくり、人がすれ違うのがやっとという程の細い洞窟の道を
ひたすら一方通行で進んで行きます;;
時々、背の高い人は頭がぶつかりそうになる程狭いところも。
地下水が染み出して濡れた足元もあり、
工事現場の足場のような階段を上ったり・下りたりと結構ハードな道程でした。

私達はそれでもなんという事もありませんが
(子供二人はむしろ大喜びしておりましたが)、
最近、足が弱くて歩くのがゆっくりの義母には 申し訳ないことを;;
とても薄暗い中、後ろから来る人に追い立てられるように進みますので
かなり大変だったのではないかと思います。

鍾乳洞・入り口

鍾乳洞 内部

鍾乳洞 内部2

これから鍾乳洞探検をされる方は、どうぞ足元にお気をつけて^^
あ、そうそう…念のため、小さな懐中電灯もお忘れなきよう。
  「もしも停電しても 静かにその場でお待ち下さい」
…この鍾乳洞、こんな注意書きがしてありました^^;

子供達は大喜びだった洞窟探検を終え外に出ると、
途端に夏の暑い日差しの中に舞い戻りました。
お昼は義父母の家の近くのレストランに寄ることになり、
総勢6人 車に乗り込み…こうして短い旅行は終わりました。

本日のBGM … 「TAM Music Factory」サイト様より、
            「祈り」

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ほんと
神秘と幻想のミステリーツアーですね。

大勢の家族でどこかに出掛けるなんて・・もうずっとないなぁ・・・
お子様たちが付いてきてくれる間にどんどん思い出増やしてくださいね~

そうそう。桂川の汚染・・・汚しているのはやはり「人間」なんでしょうね・・・開発やなんかで徐々に・・川を綺麗にする動物や昆虫が追いやられ、結果汚れてゆく・・・・
すべては人間の責任のように思える今日この頃です;;
2006/08/25(金) 14:37:03 | URL | hapico #-[ 編集]
(・0・。) ほほーっ、良かったね~、(^-^)//""ぱちぱち 。でももうちょっと盆踊り風景が見たかったかな・・^^。情緒があって良い感じですねえ。レトの九州の田舎を思い出しました。街の風景はそんな感じです^^。水も綺麗です、観光地とはいえ山紫水明の郷なんですね~。
2006/08/25(金) 20:27:13 | URL | レト #RYLR9MH2[ 編集]
南国のさわやかなブログから。。。一転して

日本風土のなかに迷い込んだ気分です。。

ひんやりとした空気あふれる鍾乳洞。。

とても充実した夏休みを子供ちゃんたちは送っているんですね。。
絵日記が楽しみ?!
って今の時代にもあるんかなぁ。。
2006/08/25(金) 23:20:30 | URL | miffy #-[ 編集]
hapico 様、いらっしゃいませv
上の娘は、家族と出かけるのは すでに嫌々です;;
ちょうどお出かけしたい年頃には 下の息子が赤ちゃんで
ほとんど出るに出られなかったので、
あまり遠出の思い出のない可哀想な事になってしまいました。

下の息子はまだ大丈夫なのですが…
上との興味が釣りあわず、どちらも楽しめる場所というのも
難しいですね~。

先日、桂川で泳いでいる人を発見しました。
が。あんな水の中 泳いで大丈夫なのかしらん^^;
あと、川というのは見た目が穏やかでも
意外に流れが強かったりするようですので、
無謀なことをしているなぁ と 
他人事ながらも心配してしまいました。

hapico さんのお部屋…また入れなくなっちゃいました;;
本当にMSNときたら,余計なことしかしないんですから
困りますね(怒)
早く直るといいですね! 
2006/08/26(土) 13:45:33 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
レト様、いらっしゃいませv
とても短い、旅行ともいえない感じの旅行でしたが
それなりに楽しかったです^^
どうせならもっとゆっくり、3日ぐらいは滞在したかったです。

レトさんの九州の田舎も こんな感じですか^^
素敵な所でお育ちですねv
2006/08/26(土) 13:49:35 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
miffy 様、いらっしゃいませv
まだまだ、子供らには体験させたいことが沢山あったのですが…
なかなか思うようにはいきません。

絵日記、小学2年生の息子にはあります。
絵を描くのが大嫌いなので、絵なしの文字だけ日記になっています;;
流石に中学生の娘の方はないですね(笑)

miffy さんのお部屋の方、時々古い記事に
忘れた頃にコメントをカキコしています^^;
変な書き方でごめんなさい~
2006/08/26(土) 13:57:40 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
出会わなかった?
いつか出るだろう!
と、楽しみにお写真を拝見していたのですが…
旧村役場の横にかかっている橋げたから飛び込む少年たちの姿はみかけませんでしたか?

八幡は、本当に何日いても落ち着く町ですよねー。
あ~。また行きたくなってきました(^^;)

お城には、うちの市内のお城の写真も飾ってあるんですよ。同じぐらいの規模ってことなんでしょうかね?
2006/08/27(日) 09:46:20 | URL | たまねぎ御殿 #-[ 編集]
たまねぎ御殿様、いらっしゃいませv
町でゲットした観光ポイントのパンフには
確かにその記述がありましたが…

観光客の目に晒されるのを嫌ったのでしょうか、
我が家が行った時には「いかにも余所者」な
おじさん3人が 岩の上で思案顔に座っているだけでした(笑)

近くの浅瀬で遊んでいた子供達も、みな親に連れられて来たらしい
他所からの子供達のようでした。
我が家は8月も下旬近くの旅行でしたから、
地元の子は…もう遊び飽きちゃったんでしょうか^^;

そうそう、リンクに1件 銀猫の部屋を追加しましたが
初回記事は「どうぶつの森」です~^^
借金返済ゲーム、しっかり嵌ってます(笑)
2006/08/27(日) 12:33:07 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
私も行った気分になって読ませて頂きました(^^)
クネクネした山道・・・私も色々なところで怖い思いをしたことがありますよぉ★
夏休みも、間もなく終わりですね。銀猫ファミリーも、《宿題の追い込み週間》かな?(笑)
2006/08/28(月) 07:57:49 | URL | mai #-[ 編集]
mai 様、いらっしゃいませv
今回は1泊2日の駆け足だったので、
写真的には全然いい物が撮れなかったので残念です。
主人がスタスタ歩くのを追いかけながら周りを撮影なんて
よくピンボケにならなかったものだ! と
我ながら感心…???

子供達、娘は先週の金曜日から・息子は今日から
学校が始まりました。
どちらの学校も2学期制なので、実はまだ1学期の最中なのです。
で、先週はまたしても1週間お休みだった主人が
やはり今日から出勤です。

一人家に取り残された銀猫、まずしたことは…
自分の実家に電話して しばしの井戸端会議を楽しむことでした(笑)

さて、この一人きりの昼間の時間、何に使いましょうか
思案中です。


2006/08/28(月) 09:02:23 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。