日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『NIGHT AT THE MUSEUM』 by Leslie Goldman
2007年04月24日 (火) | 編集 |
NIGHT AT THE MUSEUM


この本は、つい先月の春休みに映画館で上映になった
家族向け映画を小説におこしたものです。

この映画の元々のアイディアは、同名の絵本だったそうですが…
映画の公式HPは「こちら」です。
まだ場所によっては、映画館でロードショー中のようですので
ご興味のある方はお急ぎ下さい。
そろそろ終盤ですよ~。

この映画、銀猫家は子供達の春休み中に一家揃って観に行きました。
子供が一緒ですので、日本語吹き替え版で観たのですが
とっても面白かったです^^
レンタルに出たら次は是非、英語で観たいと思います。

先日、洋書を置いている本屋さんへフラリと寄りましたら
この本を見つけました。
なになに…「New York Times Bestseller」?
映画は面白かったけど、本はどうかな~。
ふむ、「The Junior Novelization」…児童書ってところかな。

DVDが待ちきれなかった銀猫、買ってしまいました(笑)
そういえば、日本語版でも本が出ていたような気がします。

今日はちょっと纏まった時間が取れましたので、
早速読み始めて…31ページ、第三章までいったところで時間切れ。
(全139ページと、割と薄い本です)
あ~あ、ちょうど面白くなってきたところだったのに~;;
また明日、続きを読みたいと思います。

三章までの短い間ですが、感想を。
これはアメリカ英語だから? それとも、子供向けだから?
聞き慣れない表現が幾つかありました。
でも私、そもそもまだそれほど洋書も読んでいませんので
単に私が物知らずなせいなのか…
真偽の程は判別不能ですが、面白いと思いました^^

文章自体は、難しくありません。
子供向けを意識しているのか、形容詞や修飾語なども
ややこしく複雑な飾りつけはほとんど無しです。
洋書読み始めにはいいレベルかと思います。
でも凝った表現に慣れている方には…簡単すぎ?
勿論、銀猫には丁度いいレベルでした^^;

今週は学校の家庭訪問週間ですので、子供らが早く帰ってきてしまい
普段サボっている掃除も大慌てでしなければならず
自由時間が余りありませんが(これも日頃の行いの悪いせい)、
マイペースで英語と遊ぼうと思います♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
偶然にも
先日、うちの5歳の長男が気に入って買った絵本がこの「夜の博物館」だったんです。テレビでこの映画のCMをチラッと見ましたが、この絵本が元になってたんですね~。

レンタルが始まったら、借りて見ようと思います。うちの子はきっと気に入るなあ。

私は洋書の読書からはすっかり遠のいていますが、銀猫さんは読書楽しんでくださいね~!
2008/04/09(水) 08:36:49 | URL | mistletoes #MfasQhOY[ 編集]
mistletoes さま、いらっしゃいませv
絵本の方をご存知なんですね~!
私も一度、読んでみたいです。本屋さんで探しているのですが
まだ見つからなくて。

映画の方、最初にティラノの骨に追いかけられる所が
ちょっと迫力満点で怖いかもしれませんが…
その後は面白くなりますので、ティラノさえクリアできれば
あとはとても楽しめます^^

洋書はまだ読み始めたところなので、
文法が大の苦手の私、
簡単なレベルからゆっくり上がっていこうと思います。
なので記事にする本は物足りないものばかりかもしれませんが
ご勘弁下さいね~^^;
2008/04/09(水) 08:37:29 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
お邪魔しま~す
はじめて、コメントします
映画見ましたよ
こういう作品、大好きなのです
おばさんだけど、心は乙女なので(笑)ファンタジーものとか友情や親子の愛を感じる作品って大好きなのです

でも、本を読むのが早いですね
さすが中級上クラスの教室に通われている方だと思いました(教室は、嫌なおばさん達など気にせずに、わが道を行く、で頑張ってくださいね)
私もスラスラ読めるようになりたいです
2008/04/09(水) 08:38:16 | URL | とまる #MfasQhOY[ 編集]
とまるさま、初めましてv
リウマチばあちゃんさんのお部屋の常連さんですね^^
こんなところにまで来て下さって、有難うございます。

私もファンタジー大好きです!
ハリーポッターを見て中2の娘と一緒に盛り上がれる、
気分だけは若いつもりのおばさんです。

洋書は、まだ流石にスラスラとはいきません^^;
この本は子供向けだけあって、字も細かくなく
映画の内容に比べてページも少ないような気がします。
今はまだ、このような児童向けの本ばかりで訓練中です。
いつかは大人向けの物を片手で読めるようになりたいです^^

また何かお気に留まれる話がありましたら、
是非遊びに来てくださいませv
2008/04/09(水) 08:38:57 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
こんばんは
ファンタジー好きな人に会えて嬉しいです
今はCGなどで映像が素晴らしいでしょう
素敵な作品に出会うと今の時代に生きてる事に感謝してしまうのですよ
映画好きなので、リスニングをと思うのですが集中しすぎて・・・ちっともリスニングにならないのでした(笑)

「ハリーポッター」・「ロード オブ ザ リング」゙「ナルニア国物語」などは映画館でみましたが、ビデオやDVDなど数えきれないぐらい見てます

うちは21歳の娘と高2の息子がいるのですが、やはり映画好きですよ(笑)

私も大人の本は辞書引きまくりになるので、「ボディーガード」は数ページでリタイアしました
「ブロークバック マウンテイン」は薄い本で読みましたが、その時は手を怪我してたので辞書をほとんど引かずに読んだ物ですから部分的にしか理解できてないので、いつか再読しようと思っています
去年からロアルド・ダールにハマっていて読破を目指して読んでいます(笑)が、先日から読み始めた本も、やっとこさ15ページぐらいです
辞書を引き引き、考えながら読んでいますが面白いです
2008/04/09(水) 08:39:44 | URL | とまる #MfasQhOY[ 編集]
とまるさま、再びいらっしゃいませv
そうです、今の映像の特殊効果には本当に目を見張りますv
架空の生き物が本物のように自然に動いたり、
現実にはありえないことが当然のように起こったり。
本物の魔法みたいですよね~v
見ているだけでワクワクしてしまいます。

ロアルド・ダール、
先日何気なく息子(8歳)の本『ぼくが作った魔法の薬』を手に取りましたら、面白かったですv
ちょうど洋書で『チャーリィとチョコレート工場』を読み始めたところでしたが、
『ぼくが作った魔法の薬』も洋書で読みたくなってしまいました。
「チャーリィと~」の方は、まだ映画も・日本語本も見ていないので
全くのぶっつけ本番の読書ですが、
先に日本語本を読んでしまった場合は「子供用語」に悩まない分
もっと楽しめそうな気がします^^

児童書って、時々とても難解な表現がありますね;;
小さな子供向けの表現は、かえって英語学習者を混乱させることも多いです。
英会話の先生には「児童書はあまりお勧めできない」と言われていますが…。

でも大人向けに挑戦するには、語彙が不足過ぎで(笑)
こればかりは自分の努力の積み重ねしかありませんから
とまるさんとご一緒に頑張りたいと思います^^
2008/04/09(水) 08:40:32 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。