FC2ブログ
日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『 Best MOTHER GOOSE Ever 』 …マザーグースで楽しく英語。
2007年03月01日 (木) | 編集 |
マザーグース


この本は、思い出深い本です。

私が初めて英語を習った先生(個人レッスン)が、何故か
この本を使って詩の暗唱をさせるのが大好きな先生で…
まだABCくらいしか分からない私でしたのに、
意味も分からなかったのに毎週一つずつ、
この詩の暗唱を宿題に出されておりました^^;

もう30年以上昔のことですけど、
先生がインド人の女の先生だったこと、
先生の自宅でレッスンだったので
インドの色々な小物(お香とか置物とか)や
壁に飾られた異国の人物絵などがとても珍しく、
英語のレッスンよりもそちらの方ばかり見ていたことなど、
今でもこの本を開くと その時のことを思い出します。

マザー・グースは子供向けの、言葉に深い意味もなく
どちらかというとナンセンスで 日本語訳不可能だったりして。
けして語学学習向けの教材とはいえませんが、
これらの詩をベースにしたジョークや言い回しは
頻繁に本・新聞・ニュース・映画などなどに登場します。
その時にモトの詩を知らないと、
さっぱりわけの分からない一文やセリフになってしまいます。

私たちが「桃太郎」「かちかち山」などの馴染み深い、
誰でも知っている童話や…
新しい所では人気漫画をネタにした言い回しなどに
ピン! と原作が思いつくように、
(つい先日は「のび太君みたいに 泣きながら来たのねv」
という言い回しをテレビで聞き、すぐに「ドラえもん」の
のび太君が情けなくドラえもんに泣きついている絵が浮かんで
笑えましたが、外国の人はあのセリフを聞いても
何の事だかさっぱりわからないだろうなぁ…^^)
マザーグースも、欧米の人にとっては誰もが知っている
「常識」とでもいうべき詩の数々。

これも向こうの文化の象徴の一つなのですね。
覚えておいて、損はないです^^

幾つかの詩には、子供が歌って遊べるように
曲もついて、お遊戯もあって。
「ロンドン橋」なら、日本でも有名ですから
子供の頃に遊んだ事のある方は多いのではないでしょうか。
私としてはそういった曲のCDやお遊戯ビデオが欲しいのですが…
日本では手に入らないかな? 残念です;;

この本は、現在日本でも買えるようです。
ご興味のある方は、Amazon の通販ページ へ行ってらっしゃいませ~。
ちなみに、この部屋は一切アフィリエイトはしていません。ご購入はご自身のご判断でどうぞ^^
(管理人、Web でのお買い物が信用できない性質デス★)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
マザーグース
小学生の頃、本の虫だった私。
世界の童話集なんて、すごい量の本を読んでました。
マザーグースも当然必読書。
もちろん、英語なんか全く知らないので、日本語訳。
へんてこな日本語と不気味な内容。
すごくヘン。と、思いながら、詩をノートに書き写していたものです。
思えば、私こそへんな小学生でした。

唄なんだから、全部、メロディーが付いてるはず。
そうは思っても、確かめるすべはなく、ほとんどは、未だにわからないです。
でも、アガサクリスティーなんか読んだときに、
マザーグースシリーズなんて、すごく身近に思えましたね。
マザーグースと聖書とシェイクスピアは英文学には必須なのね
2008/04/09(水) 07:21:10 | URL | SATOKO #MfasQhOY[ 編集]
SATOKO様、いらっしゃいませv
そうそう、マザーグースって日本語に訳すと
とってもヘンテコリンな言葉になるんですよね^^
なにしろ、元の詩がそもそも無意味な
ナンセンスの塊なんですから…
意味の通った詩になんかなりっこありません。
でも、そこが面白くていいんですよね~v

それにしてもSATOKOさんって、小学生の時に
すでにマザーグースと出会っているなんて…
素晴らしい本の虫ですね!
(私は件の英語の先生に暗唱させられるまで、
マザーグースは知りませんでした^^;)

ロンドンでは、私が住んでいた当時
マザーグースの歌とお遊戯のビデオが発売されていて、
私も当然買ったのですが…
残念ながらビデオの再生システムが日本とは違うので
帰国後は見られなくなり、処分してしまいました;;
今ならきっと、DVDで買えるかもしれません。
あ~、もう一度イギリスに行きたいです。
(DVDで買っても、イギリス版の再生方法は
日本とは違うので…やっぱり専用の機能を持った
マルチ・DVDプレイヤーが必要ですが;;)

日本ではせめてCDぐらいはあるかも…と
先ほど検索をかけましたら、ありましたv

http://shop.izumishobo.co.jp/products/192.html

NHKの「えいごリアン」などの教材を販売している「いずみ書房」という会社のHPで、
英語教材としてセットが売られていましたv
ネットでお買い物は嫌いなので、
へそくりを貯めて近所の本屋さんにでも
取り寄せ注文、しちゃいましょうか^^;

2008/04/09(水) 07:22:10 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
CDがあるんですね。
ほんの数曲はメロディー知ってそうです。聴いてみたいです。

不思議の国のアリスが大好きで、
マザーグースはそのつながりで読んだのだと思います。
あれは、そのまんま、マザーグースの世界ですよね。

マザーグースのなかで、なんの詩だったかわすれたけど、
訳せないもんだから、 「ふんだべく」
と訳してあったのがあって、すごくヘンで覚えてます。

パタリロのクックロビン音頭だって、マザーグースとポーの一族、
両方知ってないと笑えないはずなんだぞ~~。
と、声を大にして言いたいですね。
2008/04/09(水) 07:24:11 | URL | SATOKO #MfasQhOY[ 編集]
SATOKO様、再びいらっしゃいませ~v
パタリロのクックロビン音頭~!!!!
これはまたマニアック(??)なお言葉、
銀猫大興奮ですっ^^

そうそう、あれなんかモロにマザーグースをベースにしていますよねv
ポーの一族にも、マザーグースはよく出ていましたよね。
私が好きだったのは「Georgie Porgie, pudding and pie 」
の詩に絡めたお話です。
う~ん、漫画が読みたくなっちゃいました~!
古本屋さんで立ち読みできないかしらん(笑)

それにしても「ふんだべく」って何でしょう…
どの詩の訳だったのか、興味津々です^^

CDは、結構色々と出ているようでした。
CD屋でもなく、本屋でもなく
英語の教材屋にあったというところ…私にとっては盲点でした^^;
日本では英語教材って買ったことが無いもので。

2008/04/09(水) 07:25:02 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。