日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『Big Fat Cat AND THE SNOW OF THE CENTURY』
2007年05月10日 (木) | 編集 |
Snow


昨日は真夏のような暑さの中、映画『ゲゲゲの鬼太郎』を観て来ました。
英語にとっぷりと浸っている今日この頃ですが、
私は元々は国文専攻人間です。
民俗伝承的な妖怪話は、大の好物です^^

本日は朝からお天気は打って変わって、降ったり止んだり
雨・雨・雨…
こんな時は、家で読書に限りますね^^
昨日、映画の帰りに洋書専門店に寄り…
「チョコレート工場の秘密」の続編『ガラスの大エレベーター』
を買ってきたのですが、まだやっと18ページ目に差し掛かった所です。
なので今回は、別の本の感想を。

『Big Fat Cat AND THE SNOW OF THE CENTURY』
  向山貴彦 著 ・ たかしまてつお 絵
  幻冬舎 出版 
  本体 952円(+税)

この本は、以前ご紹介した
ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』から始まる
洋書読み始めの人の為の入門書『Big Fat Cat and The MUSTARD PIE
を第一巻とするシリーズのお話の、最終巻です。

英文の構造を懇切丁寧に解説してくれるという内容が
洋書初心者にはとても素敵な本なのですが、
私はこのシリーズのお話自体のファンになりまして、
本屋さんでは置いていなくて手に入らなかった巻を纏めて注文して…
それが先月下旬に届いて 一気に最終巻まで読み終わりました。

巻を追うごとに、相変わらずの意外なストーリー展開にドキドキして
「超」がつくほどのお人好しなエド君が
一体、いつになったら幸せを掴めるのかとハラハラ。
いつもいつも「凄くいい所」で「To be continued」!!
「NoooooooooooO !!!!!!!」と叫びながら、次へ次へと飛びついて読み、
とうとうこの最終巻も読み終わってしまいました;;

大事な住居兼店を壊され、宿無しになったエド。
不幸に更にかかる追い討ちのような不幸の連続。
それでも、彼の柔軟な心はホームレスの仲間達との暮らしの中から
人生の真実を見いだし・新しい未来へと踏み出す力を得ていきます。
相変わらずちっとも懐かない、デブな巨大猫と共に…

それにしても、登場する脇役たちは誰も彼もいい味を出しています。
敵役で登場したはずの Jeremy 君。
いつしかエドの好敵手になり、最後にはエドのお人好し病が移ったのか
散々エドに振り回されて退場します。
ちょっと気の毒ですが、彼らはきっと残りの人生も
奇妙な友情で結ばれたいいライバルになりそうです。

その他にも、個性豊かなホームレス仲間達…
気のいいニュー・モールショッピングセンターのオーナー…
色々な脇役達がお話を盛り上げ、飽きさせないのが凄いです。
マスタード・パイに始まり、とても上手にマスタード・パイで終わる、
「人生とはどんなものだろうか」と常に読者に問いかけてくるような
不思議に温かな読後感のあるお話でした。

で…エド君は幸せになれましたかって?
それは、まだ未読の方の為にナイショにしておきます^^

このシリーズ、どうやら朗読CD化の話もあったようですが
今はどうなのかなぁ。
最初のブームが過ぎてしまったので、そのまま計画も消えてしまうのでしょうか;;
お話がCDになったら、やっぱり私は買うと思いますけれど。

このお話は、アメリカの架空の場所が舞台なので
英語表現も全てアメリカ英語です。
最終巻では、それまでの巻の「半分お話・残り解説&エッセイ」ではなく
1冊丸々が洋書でした^^
段階を踏んで徐々にレベルアップしていく感じ、これも良かったです。
銀猫お勧めの、洋書入門書です。
手に取る機会がおありでしたら、是非お試し下さい^^

おまけ:公式HPおよび シリーズ各巻の詳細は
    「こちら」をクリック、行ってらっしゃいませv
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
興味が湧きました☆
こちら関東も、昨日は夏日で今日は雨、雷まで鳴っていました。実写版「ゲゲゲの鬼太郎」はどうでした?ウエンツが鬼太郎でしたよね。
この「Big Fat Cat」の本、前から少し気になっていたのですが、銀猫さんの解説を読ませて頂いて、一気に読みたくなり、書店に問い合わせたところ、全シリーズ揃っているとの事で、さっそく明日行く事に決めました。全巻買いたくなってしまったらどうしましょう!

英語を話す、聞くは好きなのですが(話せる、聞けるではありません)読む事はイマイチなんですね~。これは学生時代の英文購読で長い古典物を、嫌々読まされたトラウマだと思います。でも、皆さんが洋書を楽しく読んでいらっしゃるのを拝見し、もう一度、比較的易しくて楽しく読める物から、始めてみようと思ったのです。

朗読のCD、アガサの「Murder On The Orient Express」を購入しました。ちなみに朗読はポワロ役のデービットスーシェです。

2008/04/08(火) 13:47:43 | URL | こつぶ #MfasQhOY[ 編集]
こつぶさま、いらっしゃいませv
実写版「ゲゲゲ」の感想は…
http://nekokid.blog48.fc2.com/
↑の部屋に書きなぐってあります…^^;
もしもご興味がおありのようでしたら、チラ見してみて下さいませ。
本当はあちらが本館で、日本の本の感想や日常雑記などを書いています。
部屋を分ける前に簡単な洋書の感想を4冊分書いていますので、
「カテゴリー」の「洋書 読後感想」で一度に表示されます^^
そちらも、ご興味がありましたらどうぞ^^

お話には読む方の好みもありますので、
最初は1冊だけ買ってみるのがいいかもしれません。
「世界一簡単な~」は、まだ纏まったお話ではなく
「どのように見れば英文が楽に読めるか」の解説書です。
ここでエド君とデブ猫の出会いがあるのですが、
お話として本格的に始まるのは
『Big Fat Cat and The MUSTARD PIE』からですv
1冊読んで面白かったら、大丈夫。そのまま最後まで読みたくなると思います♪

朗読CD,私はアガサ・クリスティーの
「そして誰もいなくなった」を買おうかどうしようか、考え中です。
2008/04/08(火) 13:48:42 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
追い越されちゃいますね(笑)
いきなり18ページですかぁ~・・・早いですねぇ
すぐに追い越されちゃいますね
ぼちぼち、頑張ります

ビッグ・ファット・キャットは世界で・・・だけ持ってます
短編の「RED BOOK」には鳥肌が立ちましたよ(笑)
機会があれば、続編も読んでみたいのですが・・・
読み待ちの本が並んでるので、いつになるやら・・・
本は増えていくばかり・・・早くよめるようになりたいです
2008/04/08(火) 13:49:40 | URL | とまる #MfasQhOY[ 編集]
読みました♪
さっそく書店に出かけ、「MUSTARD PIE」と「GOES TO TOWN」を買って、夕食後にMUSTARDを読み終えて、次を読みたくなったのですが、楽しみが無くなるので、グッと我慢して明日にとっておきます。
楽しい本ですね、気に入りました。内容も良くできていて、本自体が素敵です。これから全シリーズを、楽しんで読んでいきます。
今晩からはデービット・スーシェの声を子守唄代わりにして寝ます(^^♪

2008/04/08(火) 13:50:44 | URL | こつぶ #MfasQhOY[ 編集]
とまるさま、いらっしゃいませv
土曜日の本日、第14章に入ることが出来そうです。
でも…お話が面白いので、かなりの数の意味不明単語を
すっ飛ばして読んでいます。
相変わらずのハチャメチャ・ナンセンスぶりに、どうしても先が気になって
今回は辞書を引くヒマもありません(笑)
これは後で、もう一度ゆっくり読み直さないといけませんね^^;

DVDの「チョコレート工場」、借りてきました!
さて、いつ観ようかな~とワクワク中です^^

「RED BOOK」、怖かったですよね!!!
難しくない英語で読んでも怖いのですから、著者の文才の豊かさに
思わず羨望の眼差しです。
このお話の続きが、実はあるのです。
シリーズの最終巻、7巻の巻末付録として短編が幾つか入っているのですが
その一つに続きのお話が…こちらもとっても怖かったです~;;
これは読み返したくないお話です。
2008/04/08(火) 13:51:35 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
こつぶさま、いらっしゃいませv
お気に入りましたか、良かったです~^^
全頁カラーイラスト入りで、とても綺麗な本ですよね。

もう1巻を読んでしまわれたんですね。
エドとデブ猫の今後、気になりますでしょ?
毎回いい所で「続き!」になってしまうお話、ゆっくり楽しんで下さい~♪ 

別部屋にも遊びに行って下さったのですね、有難うございました。
あっちはスタート当初、大分猫かぶりだったのですが…
最近は本性が少し出てきているかもしれません(笑)
英語ネタ以外の雑談は、もっぱらあちらの部屋でしています。

>デービット・スーシェの声を子守唄代わり

いいですね~! でも今月は銀猫、ちょっと英語にお金を使い過ぎかも;;
本も朗読CDも、来月まで我慢です~;;
2008/04/08(火) 13:52:17 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
追い越されちゃいましたね(笑)
すごい、すごい、もう14章なんですね
私はやっとこさ半分ぐらいです(笑)
いつも、ぶつぶつと読みながら、?ってなると辞書を引きます
これが私のスタイルなので仕方ないですね
語彙が増えて、スラスラと読めるようになるのは、いつの日やら・・・

「RED BOOK」の続編があるのですかぁ
それは、気になりますね(怖い物見たさでしょうか?)
ホラーはあまり好きではないのですが・・・
TVから出てくる貞子と同じぐらい怖かったですね

「ゲゲゲ・・・・」良かったみたいですね
私は娘に見るように言われて「DEATH NOTE」をDVDで見ました
天才VS天才の頭脳の戦いは面白かったです

2008/04/08(火) 13:53:32 | URL | とまる #MfasQhOY[ 編集]
とまるさま、いらっしゃいませv
週末の細切れ時間をかき集めて、何とか読み終わりましたv

相変わらず Mr. Wonka が面白いですね。
またしてもハチャメチャなストーリーに目が離せず、
かなりの単語を辞書を引かずに飛ばしてしまいましたので…
またゆっくり、読み直さないといけません^^;

今月は色々と英語にお金を使い過ぎたようなので、
あとは何も買わずに いま家にあるものを
じっくりと活用する事に致します。

「RED BOOK」の続編、短い話ですが(6ページ)
やっぱり怖かったです~;;
読み待ちの本が終わりましたら、ぜひどうぞ^^
私もまだ2冊「積読中」の本がありますので、
それを読んでから また何か考えることにします。
2008/04/08(火) 13:54:24 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
銀猫さんに感謝♪
銀猫さんが紹介して下さったこのシリーズも、残す所この最終巻になりました。
のんびり楽しんで読もうと思っていたのですが、ストーリーの展開に引きずり込まれ、止める事ができず(^_^;)
本当に心を温かくさせてくれる本ですね。最終巻が読み終えたら、6巻にある洋書ガイドを参考にして、次に読む本を探そうかと思っています。
銀猫さんやとまるさんが読んでいらっしゃる本もチラ見しました(笑) 講談社の洋書文庫いいですね、ペーパーバックの様なザラ紙ではなくて。

洋書を読む楽しさのきっかけを下さった銀猫さんに、改めて感謝します。
2008/04/08(火) 13:55:14 | URL | こつぶ #MfasQhOY[ 編集]
こつぶさま、いらっしゃいませv
もう、全巻読んでしまわれましたか~!
やっぱり面白いですよね、このお話^^
一度に読んでは勿体無いと思いつつも、やめられない・止まらない…
まるで「○ッパ○○セン」の宣伝のようですが、本当に
グイグイと心が引き込まれるお話です。

私は本編を追いかけるのに夢中でしたので、まだこれからゆっくり
各巻のオマケのページを堪能しようと思います。
ページのそこかしこに入った小さなイラストにも小粋な工夫があり、
そこだけを読み返しても楽しいです(私のお気に入りは…
「Jeremy Lightfoot Jr.'s Words of Wisdom」とか♪)

こつぶさんの目に止まる次の本は何か…
楽しみにお話をお待ちしていますね^^
2008/04/08(火) 13:56:00 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。