日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『 James and the Giant Peach 』 Roald Dahl
2007年07月27日 (金) | 編集 |
James and the Giant Peach



英語仲間の皆様、お元気でお過ごしでしょうか^^

銀猫家では子供達が夏休みに入り、休み前から里帰りや旅行の手配、
学校での個人面談や午前中授業続きなどで
色々と時間を取られ…英会話教室は、早々に夏休みで休講。
9月まではありません。
そんな訳で 英語からはすっかり遠ざかっている日々でした。

それでも先週の土曜日から夏休みが始まり、私の実家への短い里帰りも終えて
昨日辺りからようやく生活のペースが落ち着きつつあります。
そんな中、常に持ち歩いて長~い期間をかけ、
里帰りの往復の新幹線の中でようやく1冊読み終わりました。
Roald Dahl の『 James and the Giant Peach 』です♪

主人公の James 君は、両親と共に海に近い家で幸せに暮らしていました。
ところが彼が4歳になったとき、ロンドンに買い物に出た両親が
日中の、混雑した街の中だったというのに…
動物園を逃げ出したサイに 食べられちゃったのです!

突然孤児になってしまった James 君は、親戚の叔母さん二人が暮らす
小高い丘の上の家へ引き取られます。
でも二人はとても意地悪で、小さな James 君に対する仕打ちは
とても酷いものでした…;;

この最初の場面は、読んでいて本当に可哀想ですT_T
十分児童虐待に値する内容です;;
誰か早く、この子を何とかしてやって!! という気持ちで一杯になります。

勿論、お話は悲しいままでは終わりません。
彼が7歳になったある日、奇跡が起こり…
ヘンテコリンな仲間と、巨大な桃との大冒険が始まるのです^^

それにしても、春から洋書に目覚めて以来
この本が一番 読み終わるのに時間がかかっています;;
お蔭で質の悪いペーパーバックはもうボロボロ。
古本にも売れないだろうという 悲惨な状態になってしまいました。
どうして洋書ってこう紙の質が悪いのか…;;
でもその傷の分だけ、愛着も持てたような気がします(笑)

ダールの作品なだけあって、登場人物は相変わらず
みんな驚くくらいに個性的です。
そしてちょっぴりのブラックも忘れずに織り込まれていて
その奇抜なストーリー展開には笑わされます。
「チャーリィとチョコレート工場」を面白いと思われた方は、
是非一度読んでみて下さい。

前回の記事に出した英語の問題集を、少しずつ始めているのですが…
スペルミスが多い~;;;;;;
中学生の単語だというのに…か、書けません(涙)
そういえば、最近DSゲームの「えいご漬け」、サボっているなぁ。
あれ以外に英語を書くことなどないので、せっかく単語の練習をしても
すぐに忘れちゃうんですね。
これは何とかしないといけません;;
また一つ、英語の課題が増えてしまった銀猫です。

9月まで英会話教室はないし、その残りももうあと3回です。
次はどうしようか、子供と一緒の騒がしいこの夏休み中に
おいおい考えていかなければなりません。
みなさんの取り組みを参考にさせて頂きつつ、今後の進み方について悩む事に致します^^
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
銀猫さん、お久し振りです(笑)
こちらのお部屋へコメントするのは、3週間ぶりでしょうか?
子供さん達が夏休みで、にぎやかな日々を過ごしていらっしゃるのでしょうね。

5月にこちらのお部屋でBFCを知り、あれから読んだ洋書も、だいぶ増えました。ダール本は、自伝書の「BOY」から読み始めたので、彼の作品の源を知る事ができました。「Fantastic Mr.Fox」「George's Marvelous Medicine」を読み、「BOY」の続き「GOING SOLO」を読んでいたのですが、誘惑に負け他の本にも手を出すは、GR本までもと、あきれた状態になってます(笑)

秋からは、大学の聴講生になる予定ですが、本当は演習科目の英会話や、リスニング、スピーキングを受けたいため、レポートを提出して、科目履修生になろうか、でも授業についていけるだろうか、などなど悩める日々が続いてます。
また、このお部屋にコメントできて嬉しいです♪
2008/04/08(火) 13:35:04 | URL | こつぶ #MfasQhOY[ 編集]
こつぶさま、いらっしゃいませ^^
また来て下さって、有難うございます。

夏休み前からのバタバタで、すっかり英語から遠ざかり…
ここに書くネタに困って、別の部屋に避難しておりました。
でもようやく子供が24時間一緒にいる毎日に慣れてきて、
また少しずつ合間を見て英語に戻れるようになりました。

こつぶさんはもう沢山のダール本を読んでらっしゃるんですね^^
「Boy」、私もそのうちに読んでみたいなぁ~と思っています。
先に違う本を買ってしまったので、それが終わったら…v

それにしても、なかなか児童書から脱出できない私です。
いつになったらリウマチばあちゃんさんのように、普通の本を読めるようになるのでしょうね~^^;
まだまだ先は長いです。が、児童書も面白いので、捨て難いです~^^

大学の聴講生だなんて、素敵ですね!!!
それはぜひ、科目履修生にチャレンジして下さい!
そしてどんな感じだかレポートして下さい~vvv
う~ん、私は秋からどうしましょうか…悩みます;;
2008/04/08(火) 13:36:31 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
先日、「THE LITTLE HOUSE」を読みました
辞書無しで最初読んだのですが、解らない単語はありましたが、読めましたよ
絵も助けてくれるからでしょうが、嬉しかったです

もう1冊絵本を読むつもりにしてたのですが、やめて、私も「GOING SOLO」を読み始めました

学校が休みだと大変ですね
特に夏休みは長いし、暑いし(^^;)
でも、乗りきりましょうね


こつぶさんは大学の聴講生になるんですね
すごいなぁー
お話が聞けるのを楽しみにしてます

2008/04/08(火) 13:37:49 | URL | とまる #MfasQhOY[ 編集]
とまるさま、いらっしゃいませ^^
「THE LITTLE HOUSE」、お読みになったんですねv
とまるさんなら、この本は楽に読めた事と思います^^
私は子供の頃からこの本の日本語訳本が好きだったので、
英語で見つけたときには嬉しかったです。

子供らが1日中一緒にいると、目が廻りそうに「喧しい」です;;
それというのも、小3の息子がお喋りでお喋りで。
一体誰に似たのでしょうねぇ~(笑)

次はちょっと児童文学を脱出して、Og Mandino の
『 The Twelfth Angel 』 に挑戦しようと思います。
夏休みなので…また1ヶ月くらいかかる予定です^^;
2008/04/08(火) 13:39:44 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
ほんとに、かわいいお家で、こんな家に暮らし、季節の移り変わりや自然の中で過ごせたらどんなに素敵だろうって思わせてくれるような絵本でした

実際には都会暮らしが向いてるのですけどね(笑)

次の本は、日本語にしたら「12番目の天使」ですか?
また、感想を聞けるのを楽しみにしています
2008/04/08(火) 13:40:46 | URL | とまる #MfasQhOY[ 編集]
とまるさま、いらっしゃいませ^^
私も、田舎暮らしに憧れつつも 完全に都会育ちの「もやしっ子」です^^;

次の本…そうです、邦題は「12番目の天使」です。
ん…? これって、もしかして児童文学に…入るでしょうか…??
大人が主人公らしいので、大人向け文学かと思ったのですけれど。

いま、この本を読み始める前に ざっと野球のルールをおさらいしている所です^^
子供の頃には「ドカベン」や「野球狂の詩」などの野球漫画に夢中になっていたので、
久々の野球物、懐かしいですv

今度はもう少し早く読み終われればいいのですが、
なにぶん夏休みですので…;;
新学期開始までには終われるといいな、という
1ヶ月の長期計画です。
2008/04/08(火) 13:42:11 | URL | 銀猫 #MfasQhOY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。