日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 夜空(色)の トランペット
2008年03月31日 (月) | 編集 |
先日、息子の誕生日でした。
それに合わせて息子の自転車を買い換えたのですが、
古い自転車は幼稚園の子がよく乗る小さなタイプで
まだまだ故障もなく 綺麗です。
このまま自転車屋に持っていくと、廃車料を払う事になるし
廃車にするのも勿体無いし、で、近所のリサイクル店へ
持って行ってみました。

すると…査定の結果、500円で買い取りに。
息子の空色の自転車、また誰か小さな子の愛車になるでしょうか^^
初めての自分の自転車とお別れすることになった息子は、
最後に店を後にするときに ちょっぴり涙…^^;
その後で自転車屋へ行き、新しいカッコイイ自転車を買って貰いましたが
「僕のあの自転車、どうしているかなぁ」とまだ気にしています。

その時のリサイクル店で、思わぬものを見つけました。
夜空色(黒)をした トランペットです。
(写真クリックで、もう少し大きく♪)

夜空色のトランペット

へぇ~、こんなお店に トランペット!?
楽器店に出さなかったなんて、ちゃんと音、出るのかなぁ^^;
でも金や銀じゃなく ラッカー(塗装)かかってるなんて、(私には)珍しい♪
見たところ、つやつやで綺麗な黒…ああそう、
夜空のトランペット」という曲が思い浮かぶような 深い色だなぁ。
この曲、とてもとても素敵なトランペットのソロ曲です。
多分、みなさんご存知と思いますが…何だっけ?という方は、
曲名↑をクリック、ちょっとだけ試聴出来るページへ
行ってらっしゃいませ~。

自転車の査定を待つ間に ガラスケースに飾られたこの楽器を
冷やかしで眺めていたのですけれど。
値段を見て、びっくりしました!! 中古なのに…

値札…ええっ!高すぎでしょー!!


じゅ、19万8千円!? それだけ出したら、今の私のよりも上の
新品のフルートが買えちゃいますよ??
(値札の詳細を見たい人は、写真↑をクリック!で拡大出来ます)
ってか、ヤフーなどの中古トランペット、ゼロが一つ少ないくらいが
主流のようですけど! なんだってこんなベラボーな値段が…@@

そこで、ちょっと調べてみました。
そうしたら、これも前回のクラリネットと同じく、
今は無き有名メーカーの品のようです。アメリカの「マーチン」という
老舗のメーカー製らしいですが、現在ではこの会社、
フランスの会社に吸収合併されているそうです。

それにしても、この値段は…何故こんなに高いのか気になる~^^;
それほど価値のあるものなのでしょうか??
それとも、リサイクル店の暴利狙いかな~(笑)
トランペットの事は何も知らないので、私にはわかりません。

噂によればラッカーのトランペットは、ダークな音がするんだそうです。
初心者には吹きにくいらしいです。
値札の注意書きにも、似たような文句が書かれています。

でも綺麗なんですよね。ガラスケース越しに見ただけですが、
本当に「夜空のトランペット」にピッタリ、という外見でしたv
誰かこれで、あの曲を吹いてみてくれないかなぁと思いつつ…
後一つゼロが無かったら、吹けもしないくせにうっかり買っちゃったかも。
それくらい、このトランペットに一目惚れしてしまいました。

いくら惚れても、吹けない楽器を買うわけにはいきませんが(第一高すぎ)
しばらくはこのトランペットを眺めに
リサイクル店に通っちゃうかも…しれません(笑)

縁は異なもの。ですね^^;

最後にパァ~っと! トランペットの花形の曲をお送りします~^^
トランペット吹きの休日」、YouTube の動画ですので、
再生、ちょっと重いです。ご注意下さいませ。

追記。 

記事を書いて一夜明けて、
子供らがまだ寝ている隙(起きているとパソコン争奪戦です;;)に
もう一度このトランペットについて検索かけてみました。

すると…もう終了した取引でしたが、ヤフーのオークションで
同じ型番のトランペットの詳細を発見しました。
このページ」ですが、いつまでリンク残っているかな~^^;
ここの商品説明(ページの下の方)によると、

『MARTIN T3460BL Committee(マーチン コミッティー)ブラックの彫刻入りモデルです。
あのマイルスデイビスが80年代にエレクトリックバンドで使用していた物と同じ形の物です。
中でも一番人気の有る黒の彫刻入りモデルです。
現在では生産もストップしたままで、この状態の物はほぼ入手は不可能だと思います。』

との説明で、値段はなんと! 278,000 円。
うわ~、もっと高いんだわ~@@

私がリサイクル店で見かけたトランペットは、このオークションの物のように
彫刻があるのかどうかはわかりませんけれど。
型番はばっちり同じ、ということは。
やはり中古といえども、コレクターにとってはかなりの品のようです。
こういうのをヴィンテージ品、っていうのでしょうか。
とはいえ、あんな(失礼)お店に出ているものですから、
楽器としてのコンディションは…詳しい人が手に取らないと、
わからないでしょうね~。 と、いうことでした。
うむ、値段の謎が解けたワイ♪ 実は骨董価値があったのでした^^
(もちろん、トランペット・マニア限定ですが)




スポンサーサイト

 じいじに貰ったクラ~リネット…♪
2008年03月26日 (水) | 編集 |
じいじのクラリネット


むか~し昔、私の父が若かりし頃……(何十年前??)
クラリネットの温かい音色は 父の憧れの的でした。

管体樹脂製のこのクラリネット、今では初心者の方の入門用、
または学校の吹奏楽部の備品として活躍する事が多いタイプらしいのですが。
(写真クリックで もうちょっと大きく見られます)

父がこれを購入したのは、まだ戦後の復興期でしたので
管体樹脂製(高級品は、管体が木製です)といえども 
当時の父にとっては相当の出費であったように聞いています。
それでも、憧れの音色を自分でも奏でてみたくて
東京の楽器店街を歩き回り、手に入れた想い出の品だそうです^^

銘柄は「Nikkan」。今の私たちには、聞いた事のないメーカー名ですが…
会社としての起源は、なんと明治から。
正式に「日本管楽器(Nikkan)」として会社名がついたのは昭和12年、
その後 現YAMAHAに吸収合併され、会社としての幕を下ろしたそうです。
詳しくは「こちら」のサイト様にて。

かつては国内の管楽器メーカーとしてかなり有名だったようですが、
(だからこそ父もこれを買ったのでしょう)
今ではYAMAHAに吸収合併、名前も年々忘れられていくのですから
逆らいがたい時間の流れを感じます。
思わず「荒城の月」の歌詞が頭の中に流れます^^;
(と、聞いて歌詞と曲を確認したくなった方は こちら↓のサイト様へ。
「世界の民謡・童謡」サイト様より「荒城の月」のページ。
曲解説、歌詞つき、MIDにて音楽も聴けます^^)

このクラリネット、今は関東の父の手元を遠く離れて
我が家の玄関に鎮座しています。

楽器って、上手になるには大変な努力と忍耐と・時間が必要です。
銀行マンとして仕事の時間が増えるにつれ、父には練習時間も
楽器と戯れる心の余裕も無くなっていきました。そして挫折^^;
使われないコレクションとして、お蔵入りしました。

その後、私が小学校で吹奏楽部に入るなり「クラリネットをしろ」と
渡されましたが、私がやりたかったのはフルートです。
(希望者多数の為、じゃんけんで…負けて、結局は大太鼓に;;)
それでも練習しろといわれ、わけも分からず好奇心もあって、
家で暫くドレミの練習をしていましたが…
小柄な小学生の私には、重たい。指が届きにくい。音、出ない><
部活では大太鼓になってしまったこともあり、
いつしかクラリネットは放り出して それきりになりました。
二度目のお蔵入りです(笑)

その後、家の倉庫に放り込まれたまま、昨年の冬休みに取り出されるまで
一体何十年 このクラリネットは忘れられていたのでしょうか。
その間に管体を繋ぐコルク、穴を塞ぐべきタンポなど 劣化が進み全滅です。
そんな状態でしたが 私の娘の「クラリネット、まだあるなら見たい!」
の一言で…また日の目を見ることになりました。
今回はわざわざ関東から京都にまで、大移動の旅つきです。

とはいえ、この有様ですので 修理ができるのか(そもそも使えるのかどうか?)
先日、近所の楽器屋へ持ち込んで見て貰いました。

結果、やはりこれは大金かけてまで直すのはどうか、という鑑定で^^;
「修理代にもう2万ほど足したら、これよりもいい木製管体のクラリネット、
中古で買えちゃいますよ?」
と言われてしまいました~。そりゃそうですよね、はい。

というわけで、「ちょっと触ってみたい」というだけの娘の為に
大金投じて修理しても仕方がないので…諦めました。
でもまた仕舞ってしまうのは可哀想だと思い
今は我が家の玄関に インテリアとして飾っています♪

それにしても こんな風に書いてみると、ちょっと可哀想ですね。
楽器として、マトモに1曲吹いてもらった事も無く
このまま永久に飾りとしてしか使われないのかぁ…;;
せめて私のフルートにはそんな思いをさせないように、
練習、頑張りたいと思います。

最後に、このクラリネットの為に…この曲を。
クラリネット・ポルカ
音楽配信サイト「MySound」にて、無料で試聴できます。
みゅうーさんというユーザーさんの、編曲作品です。
本物のクラリネットの音ではありませんが、雰囲気ばっちり。
曲を聴くには「再生」ボタンをポチッとな♪ パソコンの音量にご注意下さいね^^



 パフェ、パフェ、ぱふぇ~vv
2008年03月14日 (金) | 編集 |
こちらの部屋では ご無沙汰しています^^;

先月は風邪にインフルエンザと、どうもドンヨリしていた銀猫家、
3月になって気温も暖かくなり、ぱ~っv と気晴らしに出かけました♪
とはいえ、大したことではないのですが…

先週末、主人が岐阜方面??のお友達の送別会があるとかで 
実家に「帰りが遅くなるので泊めてくれ~」と出かけましたので、
私と子供、3人だけの週末でした。
そこで…

娘「パフェ、食べたい!!」
息子「ドラえもんの映画見たい!!」
私「どこでもいいから、出かけたい…」

という希望が重なりまして、街へと繰出しました♪

まず向かった先は、「からふね屋珈琲 本店」です。

ん? パフェならどこの喫茶店でもあるのに、ですと??
まぁまぁ、↑のリンクをクリックしてみて下さいませ!!
入り口にずらりと飾られたパフェ、パフェ、ぱふぇ~!!!!! の見本!!
その種類、なんと150種類!! 壮観です。

ショーウィンドウはパフェだらけ!店内から入り口の眺めも壮観です!

パフェだらけ~♪

メニューその1
メニューを見ても、パフェだらけ。

このページだけでも相当迷うのですが、

更にページをめくっても…



メニューその2

まだまだド~ン!!と

パフェだらけ!!!

更にまだパフェのページは続きます!! 
うひゃあ~^^;


パフェ1

悩みに悩んで、娘が選んだのはこれです。

ロイヤル・ミルクティー パフェ

680円。

パフェ2

息子が選んだのは…

ブルーベリー・ソフト パフェ

680円。

パフェ3


そして私が選んだのは、ちょっと地味に^^; 珈琲ゼリーの入った 
ティラミス パフェ 680円 でした。

3人で「味見~vv」合戦をしましたが、どれも美味しかったです♪

場所は京都市の中心部、河原町通りです。
街歩きに疲れたら、ぜひ一服しに 寄ってみて下さいね~^^

その後、次は息子の映画にお付き合い。
息子が見たがっていたのは…

ドラえもん のび太と緑の巨人伝」 (PCの音量にご注意下さい^^;)

元SF(サイエンス・フィクション、空想科学)研究会所属の私としましては、
後半のストーリー展開には かな~り無理があるとみましたが…(笑)
息子はとっても感動していました。だからいいのかなぁ~^^;

「地球の緑を 大切にしよう!!!」 というのがメッセージの話です。

折角感動したのなら、息子よ…ベランダの鉢植えに 水を上げてちょうだい~!!

さっそく、チューリップのお水係に任命しました(笑)
さて、息子の水遣りで 綺麗な花が咲くでしょうか??



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。