日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 タミフル・パニック^^;
2008年02月23日 (土) | 編集 |
お子様用 タミフル…



先週の水曜日に帰宅後、高熱を出しました小3の息子…
動くのもしんどそうな様子に 取りあえず一晩様子を見てからと思い、
医者には行かずに家にあった小児用バファリンを飲ませて寝かせました。

夜中熱で寝苦しいのと、「頭が痛い」と言っていました;;
バファリンは効きません。
翌朝になっても熱が下がらず、それどころか40度にまで上がってしまったので
午前中の診察時間終了1時間前に電話、自転車の後ろに載せて
近所の小児科へと行ってきました。

学校からは「インフルエンザが流行っていますので、検査をして下さい」と
担任の先生から電話を貰っています。
そこで検査をして貰うと…待つ事10分、「インフルエンザA型ですね」
という結果が出ました~><

そこで問題だったのは、処方されたお薬です。
解熱・鎮痛剤。これはOK。そして普通の風邪症状に効くお薬。
これもいつもと同じで、問題なし。

が、最後に…「タミフル」、出たーーーーーー!!!!

何かと黒い噂(?)の絶えないタミフル、まさかそれを処方されるとは
ちっとも思ってなかったので、私は一瞬絶句。
息子は薬の名前を効いた途端、真っ青になって
「タミフル、要らない!!」と泣き出してしまいました。

先生は「あ~もう、これだからマスコミは…」と一気に不機嫌に。
「この薬は、マスコミが騒ぐほど危険ではありません。
医者の私がそういうんだから」だって。
「タミフルを飲まなくても、錯乱症状を起こす人はいます」
「あんなのはマスコミのでっち上げ」うんぬん。
それでもしくしくと泣き続ける息子に、
「イヤだったら飲まなくてもよろしい。飲まなくても治るし」と
なんだか投げやりな態度。

私は先生のなんだか押し付けがましい、おまけに
「これだから物知らずは困る」という態度にカチーン。
でも困った事に、インフルエンザとなると治った時に
学校に提出する書類にこの先生の署名を貰わなくてはなりません。
あんまり機嫌を損ねるわけにはいかないんですなぁ…。

先生の言い方からして、どうもタミフルを処方したがっているようなので
断ると後が面倒かと思い、出すだけ出してもらいました。
でもそんな怪しい薬、気持ち悪いし。
飲まなくても治ると言われましたし、実際私が子供の頃には
そんな薬は無くとも大概は問題なく治ったわけだし…
でも高熱が続くと、子供は怖いし…;;

息子を宥めて帰宅してから、どうするか考えあぐねて
現在アメリカに出張中の主人にメール。
すると時差18時間にもかかわらず、速攻で電話がかかってきました。

「そんな危ない薬、飲ませるな!! どこの藪医者だ!!」

…って、ちょっとぉ~。私に怒鳴んないでよっ!!
思わず国際電話で夫婦喧嘩しかけましたとさ~;;

その後、ネットで情報を集め…「厚生労働省の報道発表資料」にて、

「10歳以上の未成年者には 基本的には投与しないこと、それ以下の小児には
投与後2日間は目を離さないように」

との昨年3月20付けの公式発表文書を発見、やっぱり危ないんじゃん;;
本人も嫌がっていることだしと タミフルは飲ませませんでした。

そして昨日、金曜日。お昼過ぎ辺りからだんだんと熱は下がり始め
夜にはすっかり平熱に。
少し咳は出てきましたが、それも普通の風邪よりも軽いくらいです。
食欲も戻って、平常通り。ついでにおしゃべりも戻って、喧しい…(笑)

本日は全くの平熱、少々咳がある以外は風邪と変わりありません^^
これなら月曜日、もう一度お医者に行って登校許可を貰えるかも??
あ~でも、結局タミフル飲ませてないんですよね…
先生、絶対飲んだかどうか聞いてくるよね。

先生のご機嫌を取る為に「飲みました」と嘘をつくべきか、
「飲ませませんでした」と正直に言うべきか??
飲ませなかったと言ったせいで、「じゃあもう2~3日学校休んで」
と 評価が変わったりしないだろうか??

私も主人も確かに薬の事は全くわかりません。素人です。
マスコミも、かなりの頻度で事実とは異なった報道をします。
でもだからといって、お医者さんの言う事が絶対に正しいなんて
100パーセント信じる事なんて 出来ませんって。
人間ですから、どうしても間違いや思い込みはありますもん。
特に、医療事故も頻発していますし…

現在では様々な情報が洪水のように氾濫していて、
「真実はいつも一つ」と言える事が少なくなったのではないかと思います。
溢れる情報の中から 自分にとっての真実 を
自分で考えて納得しながら選ばなければならない、難しい時代です。

マスコミで騒がれているタミフル。
現在、唯一インフルエンザの「ウィルスに効く」、とされている
まだ安全性の不確かな特効薬です。

インフルエンザは風邪とは違って 怖い病気です。
特に子供は「インフルエンザ脳症」を併発する恐れもあり、
それを防ぐはずのインフルエンザの予防注射でさえも
取り返しのつかない副作用のリスクはあります。

タミフルについて主人は絶対反対。
私は気味悪く思いつつも、もしも飲ませないことで脳症を起こしたらと判断つかず、
実家の母は「お医者様が大丈夫っていうんだから」と
酷くしないうちに飲ませたほうがいいのでは? と^^;
子供が40度近い高熱や、39度の熱が2日も下がらないとなると
やっぱり心は揺れてしまいます。

今回は「少しでも不安の残る薬は やっぱり飲ませない方がいい」
と思い、本人も泣くほど不安がっているようでは逆効果の恐れもあり
飲ませずにいましたが 治りました。

みなさんなら、どうなさいますか?
あるいは どうなさいましたか??







スポンサーサイト

 ぼくは クマ♪ 
2008年02月17日 (日) | 編集 |
クマで~す♪


先日は、風邪引きの私に 多数のお見舞いコメント(&メッセージ)を
どうも有り難うございました!

記事を書きなぐってダウンした夜は 38度越える熱と
強烈な頭痛に筋肉痛に吐き気まであったもので、
もしかしてインフルエンザ!? と真っ青になりました。
一夜明け熱も下がり、幸いにしてなんとか軽い風邪にて済んだようですが、

現在は主人にも移ってしまったようで トホホー!! な銀猫です;;

主人…来週は海外出張、入ってるんです;;
週明けからではないのでまだ間に合うとは思いますが、
娘が月曜日から3日間、学年末試験です。頼むから 今 
娘には移らないで~!! とドキドキしています T_T

これに懲りて…来年は、インフルエンザの予防注射することに致します…
(受験生、いますしね;;)

さて。風邪をひかなかったら、UPしたかった記事というのは
上の「クマくん」(写真クリックでもうちょっと大きく…^^;)です。
去年の暮れ頃に、手芸店でこのクリーム色の無地のフリース布を購入しました。
フカフカの手触りのいい生地に、これでクマのぬいぐるみを作ったら
さてどんな感じになるかと^^

その時は結局、材料だけ揃えてほったらかしていたのですが、
今月半ばの3連休にようやくそれを思い出し
試しに小さめのものを作ってみたのが このクマです。

手足・首にジョイントを使っているので、自由に動かせます♪
お腹にはぬいぐるみ用の鈴を入れて、持ち歩く度に
「チリリリ♪」と音がします。
手足の平の先には細かいペレット(プラスチックの粒)が入っているので、
触るとちょっとしゃりしゃりした感触です^^

本当は、知人のお子さんにあげようかと思ったのですが…
うちの息子に取られました(笑)
「このクマは、僕のプーさんにするんだから!」だそうです^^;
あのねぇ…キミ、もう小3なんだけどね…ま、いいか…
実際、クマを作ったのはかなり久々なので、人様に差し上げるのも
う~ん どうかな? とは思いますので…。

そんなわけで、このクマの名前は「プー」。我が家の新しい家族です。
首に巻いているリボンは、奇特な女の子が息子にくれた
チョコレートの箱を飾っていたリボンだったりして。

さて、まだフリースはたっぷり残っているので…
もう2つ3つ、違うクマでも作ってみましょうか~^^
(今度はクッション型なんていいかも??)

みなさんの最近の手作り品って、何ですか?




さて。
ここで銀猫より、みなさんにお知らせです。

すでに幾つかのお部屋では採用なさっているのですが、
この度しばらくの間、この部屋も頂いたコメントがすぐには表示されない
「承認制」の設定を使用する事にしました。

いつもコメントを下さる皆さんには、投稿してもすぐには
コメントが表示されなくなるのでご面倒をおかけして申し訳ありませんが、
ここ数週間、このFC2始めとする各ブログサービスにて 
かなり悪質なAV系コメント投稿が多発していまして
その対策の為、仕方なく 承認後に表示 とさせて頂く事にしました;;

まったく、迷惑極まりない行為です(怒)
相手は業者らしく、ここ数週間に急に現れまして
あちこちの部屋のコメント欄を荒らしまわっているようです。
放置されたお部屋などでは、過去記事の全てにそうしたコメントを入れられるなど
被害はかなり広がっています。

私もここ以外に幾つか部屋を持っています(放置部屋含む^^;)ので、
ほぼ毎日迷惑コメントのチェックだけは欠かさず行っているのですが、
最近は目に余る荒らしようで、禁止設定を駆使しても・消しても
すぐに新手の語句を使ってコメントを入れられるという いたちごっこになっています。

私のチェックが間に合わず、最近、この部屋にてそうしたコメントを
目にしてご不快になられた方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんでした;;

そんなわけで、しばらくご面倒かと思いますが
コメント表示前に事前に迷惑コメントを消し去るべく
承認制とさせて頂きますので 「あれ!? 送ったコメントが出ない~??」
と、びっくりされませんよう;; よろしくお願い致します m(_ _)m



 か~ぜ~~引きましたぁ~;;
2008年02月14日 (木) | 編集 |
本日は楽しいフルートのレッスン日だったのですが、その前に
大難関がありました。

息子の小学校恒例の、「持久走大会」です;;
これは毎年この時期に行われ、いたいけな1年生から図太い6年生まで
「1時間で何千メートル走れるか」を記録する、運動嫌い(私)には恐怖の行事です。
本当は昨日実施予定だったのですが、雪で流れ…
今日に!!!! 今日だって、昨日の雪で足元はドロドロなのに~;;
今日なければ 今年は中止だったのにー!!!

この持久走大会の恐ろしい所は「親も出来るだけ見学に行く」ことです。
共働きでもなんでもない私、当然息子が「ママ、見に来てね!!」と
キラキラお目目でねだるわけで。
そんな可愛い事を言ってくれるのももう今年限りかもしれない、
と思うと、断れない私です(笑)

雪のハタ当番。



その前の日は、私は交通当番で旗振りのおばちゃんをしてました。
雪の降る中、20分…
そして本日の応援団。子供達みんな、よく頑張りました!
それはエライ!! 凄い事です^^
でもね、そのせいでしっかり オバサンは風邪をひきました~;;
(しみじみと歳を感じる一瞬です T_T)

嵐山は雪かぶり。


だって親は、1時間半ずっと子供達が走るのを突っ立って見ているだけ。
ほとんど残っていないとはいえ、昨日の京都は雪でした。
外は冷凍ビームもかくやという寒風が吹きまくり、
走っている子供も心配ですが 立ちんぼうの私はもうたまりません。

半袖・半ズボン~T_T



うわ~;; 子供らは半袖・半ズボンです!!

とにかく何とか最後まで残り、頑張った息子を褒めてから家へ引き上げ、
お昼を食べてフルート・レッスンへ。
その間体が冷えまくりでした。レッスン室は暖房もちゃんとついていて、
いつもなら途中で暑くなってしまうのに 本日は駄目でしたT_T

家を出る前にホット・ココアを飲んでみましたが駄目。
レッスン終了後に、風邪の初期に効く「葛根湯」を買い、大急ぎで家に帰り
飲みましたが 寒い~;; 思わず旦那のウィスキーに手を出しました(えへv)
でも駄目ですね~T_T

今、氷のように冷たい手でこの記事を書きなぐっています(お下品~;;)
今日はせっかく、違う記事を更新したかったのですが…もうあかん~;;
これから寝ます;;
帰りの早かった娘に、夕飯として「すぐ食べられるもの」のお使いを頼みましたorz
う~ん、フルートの先生に移っていない事を祈ります!!!

明日のママさん楽団は、やむなく欠席かも;;

そんなわけで、皆様、また来週です~;;(多分?)。



 日本の文化に触れてみよう
2008年02月05日 (火) | 編集 |
篠笛


上の写真は、プラスチック製の「篠笛」です。
この笛、お祭りのお囃子などに使われるのですが、本物は竹製です。
竹製はお手入れが難しく、乾燥しすぎれば割れてしまうし・
湿気が多すぎればカビてしまうそうなので、超初心者の私は
安価で 難しいお手入れの心配なしのプラスチック製を買いました^^;
学校で使うリコーダーの、横笛版のような感じです(笑)

何故にいきなり篠笛を??

我が家は間に台湾が3年間入ったとはいえ、
今年で京都に住んで 合計8年目になりました。
意外に長く住んでいるのですが、最初の5年間は妊娠・出産・育児で
ゆっくり京都の情緒を楽しむ暇も無く バタバタと過ぎてしまいました。
私が本当に京都に住んでいる事を楽しんだのは、
台湾から戻ってきての ここ3年間です。

その間に色々と地域のお祭りなども見て歩き、
そこで一番心を惹かれたのが 京都の3大祭りのひとつ、
夏の「祇園祭」で聴かれる「お囃子」でした♪

フルートを持っています私、元々は大の「笛好き」です。
小学校でお馴染みのリコーダー、中学校で使うアルト・リコーダー、
リコーダーよりも更に高い音域のソプラノ・リコーダー、
鳩笛、オカリナ、草笛、口笛(笑)。
笛には目がありません。

もっとマニアックで入手し難いケーナ、パン・フルートや
龍笛、能管なども実は憧れの対象です。

そんな私ですので、つい最近ネットをうろついていましたら
「安いプラ管の篠笛がある」事を知って大喜び^^;
早速市内の民族楽器店にあたりをつけ、聞きに行きましたら
ちょうど入荷した所でした! なんてラッキーvvvv

ちゃんと音が出せるかどうか、心配だったのですが…
何とかそこそこは大丈夫でした。
でも、綺麗な音で正しい音程を保つのは かなり難しいです;;

テキスト縮小jpg
現在、すでにフルートを習っていますので
新しく篠笛を習うわけにも行かず、探しましたが
意外にお教室も無く。

先日、これまたちょうど出版された初心者の
独学用テキストを使って練習中です。

一番やってみたいのはお祭りのお囃子ですが、
それはお囃子用の特別な篠笛でないと
いけないようですので、残念です;;

このテキストには、童謡や民謡が載っています。
お囃子を学べる機会があったらいいのになぁ~。


お囃子のように地域に密着した文化は、多分お教室などでは教えないのですね T_T
その地区にゆかりある人達の間だけの口伝であることがほとんどのようです。
う~ん、残念ですねぇ~。せっかくの日本の文化なんですけどね~。
部外者お断り、というのは、そのまま継承者がいなくなれば消えてしまいます。
勿体無いなぁ~;;

練習中…^^;自宅でフルートの練習の合間に
ピ~ヒョロロ~♪ と下手ながらも吹いておりましたら、
早速我が家のイタズラ坊主がすっ飛んできました(笑)

年齢よりも小柄な息子、まだ笛の穴にうまく指が届きません…
姿勢もなっていないので、いくら頑張っても「スカー!」ですが、
まぐれでちょっとだけ音が鳴りました♪


本人は「僕、スゲー!! 天才!!!」と大喜びです(笑)
このままおだてて…親子で篠笛コンビでも組んでみようかしらん??

本日は、親子でちょっぴりだけ 日本文化に触れた日でした^^
みなさんが触れる日本の文化は、何ですか?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。