日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 アートな世界…? って、どんなもの??
2007年09月23日 (日) | 編集 |
りんごのカップ


これ(↑)は、私が適当に家にあるカップを描いたものですが…^^;

先週から、娘のアトリエ通いが始まりました。
入会コースは「高1・高2・高校受験クラス」です。
美術系の高校や大学を受験する子ばかりが通う、受験対策専用コースです。
まだまだ初めてな娘用の授業は、鉛筆でのモノクロ・デッサンばかりなので、
色が使えないのが残念そうですが、デッサンは絵の基本中の基本ですし
受験科目でもありますから、仕方ないですね。

今週で娘の参加は2回目になりますが、このクラスに通ってくる子供達は
受験をこの冬に迎える中3か・美術大学受験に備える高校生達。
中2は現在、娘一人のようで、気楽といえば気楽なのですが
美術系高校受験は「…もしかしたら受けるかも?」程度の気構えの娘と違って、
すでに志望校も決まり、あとは仕上げの追い込みだけ! という
バリバリにやる気の塊の子供達ばかり…らしいです^^;

当然今までのお絵描きに関するキャリアもまるで違うわけで、
素人の私から見たら娘以外の子達の絵は 物凄く上手です。
鉛筆デッサンをようやく1から習い始めた娘の絵と並べてしまうと、
月とすっぽん。セミプロの絵と小学生のお絵描き。
それくらい実力に差があるように見えます…。
はて、こんなんで本当に娘は美術系なんて受けられるのかしらん????

私の心配を他所に娘はそれなりに満足しているようですが、
毎回一人1作品ずつ仕上げ、時間の終わりにはそれを黒板に張り出して
先生が一枚ずつ批評をしていく時だけは苦手のようです。
他の子、抜群に上手ですからね…^^;
でもそれで凹んでしまうようでは、厳しい特殊分野になど進めないわけで。
その辺りを受け入れられるかどうかが、多分娘が美術に進むかどうかの
最初の分かれ道になるのだろうなぁと思います。

娘が入ったアトリエは良心的なシステムで、受験コースとはいえ
9月から冬休み前までの3ヶ月半で一区切りです。
その後、まだ続けるなら冬期講習を別に申し込むという形なので、
きちんとした美術指導を受けたことが無い娘には格好の「短期お試しコース」です。

この3ヵ月半で…ビシバシと受験指導を受けて、教室では本気で美術を目指す
ちょっぴり先輩の子達に囲まれて、娘は何を感じるでしょうか。
自分一人でぼんやりと「絵を描くのが好きだから、美術に行こうかな」と考えていた事と、
現実に美術高を受験する事との差は、あるのか・ないのか。
本当にその特殊な世界に入りたい気があるのか、
それともただの自己満足の趣味でもいいのか。

将来性を思うなら普通に「普通科」へ進学して欲しいのですが、
特殊な方面へ行きたい気持ちが本当にあるなら
昔 敵前逃亡して普通科へ逃げ込んだ自分を少し後悔している私、
娘にはちょっと冒険させてみたい気もあったりして…

さて、娘がこの冬に出す結論は
「やっぱり自分には無理だからやめとく」か
「もっとやってみたいから冬期講習も通わせて!」か
果たしてどっち?? と 画用紙に向う娘をそ~っと横目で見ながら
密かにドキドキ・ワクワクしています。


スポンサーサイト

 ようやく一段落…
2007年09月10日 (月) | 編集 |
夏休みが明けて2週間が過ぎ、ようやく一段落した感じです。
ちょっと間を空けているすきに、FC2の管理人室の仕様も変わってるし…
む、また慣れるまで使い勝手が悪いです;;

ドタバタしているうちに、我が家の主人はまたしても出張中。
またしても、アメリカへ飛んで行ってしまいました。
1年に1回ぐらいのはずの海外出張、
今年はすでに2回目です。しかもまたしてもあの「アメリカ」。
嫌ですね~;; 

私は英語はようやく(自分のレベルに合った程度で)楽しめるようになりましたが、
国際規模で何かと問題ありのアメリカは 嫌い。
同じ英語圏なら、イギリスの方がまだマシです。
このまま、アメリカに赴任…なんてことになりませんように!! と
切に願っていますが、そればっかりは会社の都合ですので
どうなってしまうのやら です。
主人の「それは無い!」という言葉を信じるしかないのですが…

台湾に転勤の前も そう言ったもんね~;;
「中華圏に転勤の可能性、あるんじゃないの??」
「いや、それは無い」
…転勤、したじゃないよ~;; 3年間も!! 分けのわからん北京語の国に!

転勤族は、ほんの数年先の見通しも立たないので
「あ~もう、やってらんないわ」という感じです。

我が家には1台しかないカメラ。
今回は私のデジカメを主人が持って行ってしまったので…
無事に帰ってくるまでは、どんなにシャッター・チャンスがあっても
全部見送りです。
巷は決算セールで目玉商品の広告も乱舞しています。
もう一台買いたいかも…
と、つい思ってしまいますが、普段はカメラに全く関心の無い主人
2台も家にあっても、無駄ですねぇ^^;

それにしても…今回の出張にはカメラが要るというので、
ちゃんと説明書もつけてあげたのに。
「これ、どうやんだ~??」なんて国際電話、わざわざかけてこないで~;;
「マニュアルを読んで!!」って叫んじゃいました。
全部そっちに書いてあるし、私はそれを読んで使ってるんだから。
「読んでもわからん」のなら、私が説明したってわからんでしょ。
ISO は幾つに設定したらいいんだとか、
このマークはナンだ、あの表示はナンだとか…
ぜ・ん・ぶ! 説明書に書いてあるってば T_T
我が家の主人、男性には珍しく機械音痴です。

前回の出張では、帰国するまでとても心配でしたが…
今年2回目ともなると 毎日心配していても仕方が無いわけで。
主人もカメラの件以外は電話もしてきません(笑)
アメリカ国内で移動の日と、帰国する日。
「飛行機に乗る」日だけは心配して…あとはのんびりしていようと思います。

取り立てて面白い話も無いもので、今回は雑談でした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。