日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Amazing Grace ~ 歌で知る歴史のひとコマ
2007年06月19日 (火) | 編集 |
Amazing Grace


『Amazing Grace 』
 という歌、日本でも有名なのでみなさんご存知と思いますが…
(ん? 曲名だけではピンと来ないわ、という方は、「こちら」の歌詞つき・歌ありの
You Tube 動画ページへ行ってみて下さい。パソコンの音量にお気をつけ下さいね^^)

ロンドンに住んでいた時(もう10年近く前ですね;;)、
バグパイプで情感豊かに演奏されることの多いこの曲ですから、
てっきりスコットランドの民謡だと思っていたのですが…
厳密には違いました^^;

元々は奴隷貿易商人を営んでいたジョン・ニュートン
(後にそれを悔いて神父に転向)による作詞で、
それに元からあったスコットランドだかアイルランドだかの民謡の曲が
アレンジされて付けられたとか…
いやいや、曲はアメリカで付けられたのだ、とか。
歌詞については作詞者がはっきりしているものの、
曲については出所不明というミステリアスな歌なのでした。

それでも、この歌は時を越え・国を越えて 今日なお世界中で歌われています。
これ程までに愛される歌には、一体どのような謂れがあるのでしょうか。

歌詞が書かれた切っかけとしては…
ジョン・ニュートンが若かりし日に奴隷運搬途中の航海で嵐に遭い
難破寸前の危機に瀕して、生まれて初めて真剣に神に助けを祈ったところ
奇跡的に風が凪ぎ・海が静まり 天からは陽が差し込み…
危うく命が助かった経験を、のちに牧師になった時に思い出しながら 
神に感謝する為に作られた詩なのだそうです。

歌詞の訳など詳しくは「こちら」のサイトさまへどうぞ。
作詞者ジョン・ニュートンの生い立ち・生涯や、この曲の解説なども
とてもわかりやすく紹介されています。

さて。
このエピソードを元に、実は映画が作られています。
(公式HPへは、一番上の画像をクリックv アメリカのサイトへ飛びます)
今年の2月にイギリス・アメリカなどではすでに公開されたそうですが、
残念ながら日本では公開予定は今のところないとか…;;
確かに、銀猫行きつけの映画館を幾つかあたってみても
今年の秋までの公開スケジュールに この「 Amazing Grace 」は見当たりません。

この映画のお話は、ジョン・ニュートンが主役ではありません。
主役は、ニュートンが神父となり、彼が奴隷貿易中に体験した
神の奇跡を語って聞かせた相手、奴隷貿易廃止運動を牽引した若い議員・
ウィリアム・ウィルバーフォースが、主人公です。

今年3月、イギリスは奴隷貿易廃止法が成立して200周年を迎えたそうです。
それを記念しての映画なのだと思われますが、ウィルバーフォースが
挫折と試行錯誤を繰り返しながら 議会で奴隷貿易廃止決議を勝ち取るまでの、
実話に基づいた作品なのだそうです。

ご存知のように、昔、イギリスには厳しい階級制度があり…
それは今でも上流階級として形は残ってはいますが、
身分の差別の中でも最も酷かったのが「奴隷」制度です。
彼らは勿論生粋のイギリス人ではなく、アフリカなどから無理やり連れてこられた黒人達です。

その彼らの人権を守るために立ち上がった、一人の議員。
彼は実際に努力を重ねて「奴隷貿易廃止法」を勝ち取り、歴史に名を留めました。

こうした伝記的な映画にはありがちの批判ですが、
「事実とやや異なる」という意見が 舞台の本場イギリスでも出たそうですが…
それでも、この法律が立法された事により多くの奴隷とされた人々を
救った事には変わりないはず。

日本にだって、こうした身分制度はあったのです。
今や歴史の影に埋もれてしまいがちですが、それでも今なお
謂れの無い差別に苦しむ人々を抱えている国であることを、忘れるべきではありません。
多くの人が人権とは何か、ということをもう一度考えられるように
いつの日か、この映画が日本でも上映されることを願っています。

今回、日本では未公開のこの映画を見つけることになったのは
現在通っている英会話教室の、前回のテーマ「音楽」から興味が向き
たまたま「 Amazing Grace 」について調べてみようと思ったからなのですが…
一つの古い他国の歌から、このように世界の歴史のカケラに触れる事も出来る。
英語に限らず 外国語の勉強は奥が深いな、と思える瞬間です^^

P.S この歌を天使の映像と歌声で聴いてみたいわ、という方に。
    「こちら」をこっそり、リンクしちゃいます♪
    これはまさに 天使達の歌!!! と思うのですが、如何でしょうか^^
    
スポンサーサイト

 小さな妖怪通り…行ってみる?
2007年06月19日 (火) | 編集 |
ストリート幟


歴史の深い京都ならではの、興味深い商店街があると新聞記事を読み
先週の英会話教室の帰りに遊びに寄って来ました。

その名も 『妖怪ストリート(大将軍商店街)』 です^^

場所は、かつて無実の罪で大宰府へ流され、かの地で没した後
怨霊となって都に災いを巻き起こしたと恐れられた
「菅原道真」公を祭ったことで有名な「北野天満宮」から、
道を1本南へ下った「一条通り」に伸びる「大将軍商店街」です。
(↑記事の最後に公式HPへのリンクを貼りました。地図はそちらに掲載されています)

この小さな商店街の店先には 沢山の妖怪達が住んでいますv

狐の「ここ」ちゃん

こちら↑は、洋品店屋さんの店先で愛嬌を振りまいている狐の女の子。


薬局龍


薬局の入り口にちょこんと鎮座している龍。
目玉をひっくり返して舌をベーっ、

何ともユーモラスな表情です。



一つ目小僧


制服専門店の軒先に座った
キリリとハンサムなマネキン…
じゃ、なくて、きゃー !;;! 

一つ目小僧のお兄ちゃんデシタッ T_T



三つ目鬼


↑こちらの妖怪が手にしているのは、
この商店街名物の「百鬼夜行ドラ焼き」です。
何故かこの文房具店で買えます。


元・怨霊で今は学問の神様として祀られている菅原道真のお膝元の商店街に、
こっそりとお行儀よく住み着いている まだまだ沢山の妖怪たち…
北野天満宮にお参りがてら、道をほんの1本外れてみませんか。
そこには京都ならではの不思議な通りが あなたの訪れを待っています。

今回、自転車で遊びに行きました銀猫、暑くてこれ↓を食べ損ないました;;
次回こそ…記念にこの妖怪ラーメンにチャレンジ!!
するかもしれません?? ^^;

妖怪ラーメン


この商店街の地図や楽しい裏話(商店街興しのメンバーによるブログ)などは、
「こちら」の公式HPへ ぜひお出かけ下さいまし。
いやぁ~、京都って…面白い古都ですね。

 PTAのコーラス部。
2007年06月10日 (日) | 編集 |
フルート


先週どうにも断れないお誘いで、小学校PTAのコーラス部に入会する羽目に…

銀猫は音痴です。
我ながら音感はいい方だと思う(半音でも音がずれていたりしたら、すぐわかります)のですが、自分で出す声は上手くコントロールする事が出来ません;;

その最大の原因は、家系的に喉が弱いらしい事。
(家族はみな音痴…?? 父は決定的に音痴です、はい^^;)
それに加えて幼児の頃からの長年の喘息で、普段でもちょいと声を張り上げると
途端に音調が外れて裏返ってしまいます。
その為に普段はなるべく声が外れたり掠れたりしないよう、
静かに小さい声で喋るクセがついています。

それなのにコーラス…人数合わせの為とはいえ、
冬には2回も発表会のようなものまであるそうです。トホホホホ。
木曜日に初顔合わせがあり、恐る恐る出かけて行きました。

行ってみると、意外に人数がいるではないですか@@
な~んだ、これなら口パクで誤魔化しても大丈夫ね♪
と、安心して、配られた楽譜を見て、愕然…

な、何? この妙なポップスの切れッ端は????
「大奥」「愛あればこそ(ベルバラ)」「カルメン」「なんてたってアイドル」「UFO(ポーズのみ)」
「17才」「サウスポー」「ロマンスの神様」「WANTED」「さくらんぼ」
そして止めに「ペッパー警部よv(セリフ)」…

これを数小節ずつ細切れにして、無理やり編曲でくっつけて、
1曲に仕立ててあります。しかもヘンなお色気ポーズつき;;

あの~、ワタクシ、40過ぎてるんスけど。
それでラムネ菓子のマイク持たせて、「イェ~イv UFO♪」とか
「ペッパー警部よv」な~んてやらせる気デスカ。
「♪愛 それは切なく~♪ 早く強く捕まえにきて~v 愛し合う二人~♪」
な~んて鳥肌立つような歌詞を歌わせる気デスカ…
…客観的に考えて、相当キショイと思うのですが…うわ、サム~イ;;

まだ若いキャッピーなお母さん方ならイザ知らず、
私はこんなのはやりたくないです;;
コーラスって、もっと真面目な曲を美しく合唱するのかと思っていました。
現代のコーラスはお笑いだったのね、知らなかったわ…(遠い目)

私を「人数が足りないんです~;;」と誘った方は、
今年PTAの役員になってしまい、強制的にコーラスに加入させられた
という 私より更に年配の方です。
この日までどんな曲を練習するのかは知らなかったらしく
やはり唖然とされていた様子でした^^;

私のパートはソプラノ(これは主旋律なので、覚えやすいから)。
流石に主旋律とあって、人気も高いです。
このコーラス部が好きで何年も参加しているというツワモノも
ソプラノ・パートに多いです。
なので、私一人口パクでも全く困らないと思いマス(笑)

恐怖の発表会は冬ですが…
子供が風邪引いたのどうの、とでっち上げて、欠席する気、
今から満々だったりして。

とはいうものの、やっぱり音楽は楽しいので。
8年間ホコリをかぶって銀も変色してしまいましたが、
愛用していたフルートを引っ張り出しました。
音階の指使い…ドレミなら、まだ覚えていましたv おお~。
また半音の指使いを復習して、家で楽しめるように練習することにします。
本当は、どこかの素人楽団に入れるくらいになりたいですが…
流石に独学では、そこまでは無理ですねぇ^^;
まぁ、密かな夢を持つのはいいことです。

これから毎週木曜日、銀猫の息子の小学校の音楽室に
小さな奇声が混じる日々が始まります(笑)
みなさんは、歌歌い、得意ですか?
つい口ずさんでしまう お好きな曲は何ですか^^


 ネット世界で…更新永久停止事件。
2007年06月05日 (火) | 編集 |
息子の水疱瘡がようやく治り、1週間と1日ぶりに自由時間が帰ってきました^^;

その間、こちらも別の部屋も更新するほどの暇はなかったので
ずっと放置しておりましたが…
定期的に更新されている他のお部屋やサイトさんには遊びに行き、
コメントはせずにひたすらROM専しておりました。

で、思ったのですが…

このまま私が全く更新しなくなっても、この部屋(と別部屋)は
ブログサービスのプロバイダが削除しない限りは
ず~っとず~っと このままなんだなぁ…
そうして部屋が残っている間は、みなさん常連さんや
偶然ふらりと立ち寄った人なんかが 残された記事を読んだり・
長期間何もお知らせなく更新されていないのを不思議に思ったり
するんでしょうね。

でも長らく更新がなくても、「忙しいのかな」「…ブログに飽きちゃった(やめちゃった)?」
とは思いこそすれ、なかなか「…もしかして亡くなった…???」な~んては
思わないわけです。普通は。すくなくとも、私はそうでした。

ところが。

4月始め、時々楽しみに通っていた小説サイトさんのページに飛んだ所、
今まで見かけなかったTOPページになっていました。
なにやら長々と文章が掲示されています。
それまで日記はわりと頻繁に更新されていましたが、
長らく「作品」の更新は止まったままのサイトさんでしたので、
「もしかしてデザインリニューアルと新作更新のお知らせかも~♪」と思ったのですが…

よく読むと サイトマスターのお姉さんという方の書き込みです。

そこには、サイトの管理人さんが亡くなった事、
(何故、というのは書かれていませんでいたが、亡くなったとされる前日の日記が
サイトに残されているので…突然の事だったのだろうと思います;;)
なのでこれ以上の更新はありえないこと、
妹さんの形見として サイトは出来る限りこのまま公開しておくこと…
が記されていました。

ショックです。
そのサイトさんは、私がまだPCの触り始め、ネット世界を泳ぎ始めの
「超」がつくほどの初心者の頃に偶然辿り着き、
今まで時折覗きに行ってはすでにUPされている作品を読み返したり
たま~の更新(…数ヶ月に1度くらい)に小躍りして喜んだりしていた
お気に入りのサイトさんでした…;;

管理人さんがお亡くなりになったという通知が掲載されたのが、
ちょうど4月1日のエイプリル・フール時期と重なったので
多くのサイトファンの方から「冗談ですよね?」という問い合わせが
殺到したそうですが…
冗談ではないとのことで…

でも、文字でしか表現されないネットの世界。
6月現在、未だに訃報が信じられず、毎日のように覗きに行ってしまいます。
残された作品を読み返し、まだ連載途中だった作品の続きを惜しみ、
マスターさんの文才を惜しみ…

以前、mixi を興味本位でウロウロしていた頃にも 
偶然ですが同じような場面に出くわしました。
その時は、会員の弟さんという方がお姉さんの部屋に訃報を。
マイミクさんの沢山いらっしゃった方で、そのコメントは
やっぱり「そんな馬鹿な、何かの冗談では?」という悲鳴の嵐でした。
でもそちらも冗談ではなく、弟さんはお葬式の日取りと会場を掲示、
ネットのみのお友達でも「来られる方は来て下さると姉も喜びます」と。

…私に何かあったら、誰がこの部屋の後始末をしてくれるかな…

と考えたら、誰もいません^^;
主人は全く興味なし、子供らはまだそこまでするのは無理。
せいぜい娘にコメント欄に書き込みで通知してもらうぐらいが関の山です。
それでも、何もないままよりはマシかもしれませんけれど(笑)

ネットをウロウロしていると、更新が何年も止まったままのお部屋が
星の数ほどあるのがわかります。
(最近は私自身もその仲間に片足つっこんでおります^^;)
お馴染みさんではなく、通りすがりのお部屋やサイトさんなら
今までは「あら、やめちゃったのね」で気にも留めていませんでしたが、
最近では「…もしかして?」なんて事まで気にしてしまいます。

年齢に関係なく、いつ何があるのか分からないという事、
そしてネットのみのお付き合いでは 何があってもわからないという事を
なんだかしみじみ考えてしまいました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。