日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 映画 『ナイト・ミュージアム』
2007年03月30日 (金) | 編集 |
ナイト・ミュージアム


29日は、息子の8歳の誕生日でした。
この日の為に主人はかなり早くから有給休暇を取っていたので、
今月に入って風邪で2日も寝込んでしまいましたが
29日の有給は取り消されずに済んだようです^^;

息子の「春休みになったら観に行きたい映画」
…ドラえもん。ケロロ軍曹。そしてこの「ナイト・ミュージアム」。
折角主人も休みを取りましたし、みんなで映画を見て・
デパートの地下でおっきい誕生日ケーキを買って帰ろう!
という事になり…

先2つのアニメは、主人も娘も「行きたくない!」と即答です。
私はケロロもドラえもんも好きなんですけど~♪
でも3つ目のこの映画は、娘も予告を見てとても楽しみにしていて、
主人にも公式サイトの予告動画を見せたら
「これなら見てもいい」ということになりました。

主人と私は、吹き替え無しの字幕版を見たかったのですが
それだと子供達が楽しめないので、
今回は日本語吹き替え版で見ましたが…

始まる前から、すでに期待でワクワクしていたうちの子供ら、
最初のちょっとシリアスな場面を通り過ぎ…
問題の博物館が登場してからは、もう大喜びで
くすくす笑いっぱなしです。
映画はアメリカン・コメディーに相応しく、
随所に子供にもすぐ分かるような笑いのツボが満載で、
息子など興奮して ずっと座席から身を起こして見ていました。

席は主人・娘・息子・私という並びで座っていたので、
上映中は私から主人の様子はわからなかったのですが、
映画が終わって出たときには主人も大満足でした。
「パパ、ずっと笑ってたよ~!」と 娘が教えてくれました。
日頃は超現実的な話にしか興味のない主人ですので、
この話は自分から見たいと言いはしたものの、ちょっと心配だったのです。

「英語で見たかったな~」というのが唯一の主人の残念で、
子供達は「もう一回見たい!!」と叫び、
息子は帰りに大きなケーキと…
駄菓子屋さんに寄り、1個20円の「フーセンガム」を大量に買って
家で一生懸命、フーセンを作ろうと苦労していました。

え? なんでそこでフーセンガムなのかって?
それは…映画に登場した「モアイ」のせいです^^;
息子は数ある面白キャラクターの中で、このモアイが一番のお気に入りです。
このモアイをご覧になりたい方は、
ナイト・ミュージアム公式HP』のTOPにある
映画予告動画(↑クリックv)を 早速チェックvv 行ってらっしゃいませ~♪

うちの息子、まだフーセン作れないのです。で、私と娘でお手本を…
調子に乗ってフーセン膨らましすぎて、
私も見事にモアイになっちゃいましたよ~;;

スポンサーサイト

 困った時の…天然石頼み^^;
2007年03月28日 (水) | 編集 |
アベンチュリン


子供達の春休み真っ只中、ブログの更新が止まっております。
普段いないメンバーがいるというだけで、
こうも生活ペースが狂うのかと…長期休みの度に思い知る銀猫です。
ま、健康でいてくれるので文句は言えませんが。

本日UPの写真は、グリーン・アベンチュリンと水晶のブレスレットです。
元から天然石は結構好きな私ですが、ここ数日はまるで神頼みの様に
このブレスレットを寝ても・醒めても腕にはめたまんまです。

それというのも、来週から始まる市民英会話講座のせい^^;
面接で言われた通り、Upper-Intermediate のクラスに決定した旨、
通知の葉書きが届きました。

テキストは、講座の初日に教室で購入の予定なのですが
レベル分けの面接の時に自分で思っていたよりも高いレベルのクラスに
突っ込まれてしまったので…
説明会の時に展示されていたレベル別のテキスト、
該当クラスの物の内容をほとんど見ていなかったのです。
自分には関係ないね~♪ と思って、もっと下のレベルのテキストを
じっくり手に取って品定めしていたんです。

そんなわけで、本日は街の大きな本屋まで
洋書コーナーにテキストがあるかなと思って見に行きました。
1冊だけありました。

「あ~、これこれ♪」と手にとって…
最初のページをめくって読み始め…沈黙。
あの~。これ、ほとんどディスカッションばっかりじゃないですか;;
記事についての自分の考えを述べよ…
パートナーを組んで、それぞれの意見を述べよ…
記事の内容が自分の事の場合だったらどうするか、想像して述べよ。
ひたすら「トークせよ」の設問が続き、その後の文章作成問題にも
バンバン英単語で「形容詞」「不定詞」などの文法専門用語が飛び交い、
すでにそんな専門英単語は忘却の彼方の私、問題文を理解する事からして
結構大変です。…このクラスで…やっていけるのだろうか T_T

【グリーン・アベンチュリン】
  別名「インド翡翠」。
  落ち着かない感情を安定させ、情緒を豊かにします。
  自己嫌悪を克服させ、記憶力・集中力を高めます。
  対人関係を円満にし・勉強にも効果抜群、
  何か新しい事を始める時にもぴったり。

【水晶】
  パワー・ストーンの中では万能の力を持ち、
  全ての幸運を引き寄せ・悪い気を浄化する作用があります。
  ただし人によっては強すぎて、石を持てない人がいるので
  「触ると気分が悪くなる」「好きになれない」などの場合は
  無理に持ってはいけない石です。

…と、まあ、星の数ほどある「天然石」サイトさんや本から
石の意味を纏めてみると、大体こんな感じです。
これらの効能を信じているわけではないのですが…信じたい(笑)
特にグリーン・アベンチュリンの「自己嫌悪を克服」「対人関係円満」、
「記憶力UP!」この三つを是非とも実現して欲しいです~;;
来週からのクラス、どうか落ち零れになりませんように!!

なんて、困った時の天然石頼み…
いや、こんな信心では効果はなさそうですが。でも何もナイよりまし、
程度の気持ちで、おまじない効果を期待して手放せません。
それに何といっても「緑」はアースカラー、自然の色です。
これだけでも心が落ち着きます^^

部屋の自己紹介の画像も天然石の私…
現在使用のものは「幻影水晶」。持ち石の中のお気に入りの一つです。
「石には特別な力がある」という発想、人類の歴史(特に占い関連)と共に
長~く言い伝えられてきたものですが、それにロマンを感じてしまう私は
間違いなく漫画やファンタジーの影響を受けております~(笑)

貴女の好きな石は、何ですか?


 『The Hound of the Baskervilles』 Sir Arthur Conan Doyle
2007年03月26日 (月) | 編集 |
ホームズ


かの有名なシャーロック・ホームズ物の、数少ない長編の一つ…
『バスカビル家の犬』です。
とはいうものの、これは原作をもう少し簡単な文章に書き換え、
かつ学習者向けに各単元ごとに内容を問う問題などを挟んだ
テキスト形式の本です。

出版社は「Black Cat Publishing」。
他所様の英語学習ブログ部屋では、何故か全然聞かない出版社です。
(オックスフォードとか・ペンギンとかは当たり前のように聞きますが…??)

どうやらここは「外国人の英語学習者向け」の本ではなく、
実際の「英語圏の生徒や先生向け」に「英語・フランス語・ドイツ語の問題集」
を発行している会社のようです…
試験専用問題集、なんていうのもありますし^^;

でも、ここの本は 本の紙質も艶のある上質紙で、上等です^^
前頁、カラー。凝った挿絵も入っています。
原作者の経歴は勿論、物語の豆知識(私の本の場合では
「19世紀末の警察機構について」とかv)の役立つコラムもありv
そして何より嬉しいのが、音源あり…
本文のストーリーを丸々朗読したCD付きなのです。
この本の朗読時間は約1時間ちょい…これも丁度いい長さです。
しかも、単元ごとにトラックが分かれていますから
途中で止めても・途中から始めても問題なし。

出版社のHPもとてもよくて、本の内容に合わせたHP情報を
沢山リンクしていてくれます!
ホームズ物なら、ロンドンのホームズ博物館のHPとか
作者のコナン・ドイルの研究HPとか。
物語の舞台になった、イギリスのダートムア地方の観光HPなど。

こういった読み物は大きく3段階に分けられていて、
Easyread シリーズ
Green Apple シリーズ
Reading & Training シリーズ (上から下へ、レベルが上がります)
となっています。それぞれのシリーズ内でもさらにレベル分けがあり、
私が買ったこのホームズ本はReading & Training シリーズの
Step Three でした。
(※このシリーズ別のページへは、TOPページの「STUDENTS」の
赤い文字をクリック、「Graded readers」の中から
それぞれのレベルページへ飛ぶ事が出来ます)


このシリーズ…他のオックスフォードやペンギンと同じく、
古典ものも色々と出ています。
冊数は前述の2大出版社と比べるとかなり少ないのが残念ですが、
何といってもあの紙質のよさvvvvvv
そしてテキスト形式という珍しさ、プラスCDの音源付き♪
(CDはついているのといないのとがあるようですが?)

この『バスカビル家の犬』、私には丁度いいレベルのように思えました。
CDもスイスイと聞き取れましたし、本文も分からない単語がほとんどなくて。
まさに「辞書を引かなくても楽しく読める」レベルです。

このレベルのもっと他の本も読みたいと思うのですが、
この本を買った本屋さん、実は2月末で閉店になってしまったんですよね;;
他の洋書を置いている本屋さんでは、このBlack Cat Publishingは
入っていませんでした。
それでも注文したら取り寄せてくれるのか…次回、チャレンジしてみたいと思います^^
(いえホラ、CD付きだと1冊1500円~と高いので^^;
そうホイホイと続けて買える物ではありません~T_T)


 『狐笛のかなた』上橋菜穂子 : 著
2007年03月19日 (月) | 編集 |
狐笛のかなた


12歳の主人公、小夜には人の心の声が聞こえるという
不思議な力がありました。
母は幼い頃に殺されて亡くし、父は誰か分からず
産婆を生業とする祖母と二人で 村里離れた森の傍に住んでいます。
ある夕暮れに、小夜は犬に追われた傷ついた子狐・野火を助けます。
けれどもその子狐はただの狐の子ではなく、
霊孤と呼ばれる特別な力を持った狐でした。

術者に命を縛られ、使役されている霊孤の野火。
人にはいえない 奇妙な力を持つ小夜。
そして森の奥深く、隠されるように建てられた屋敷に
閉じ込められて暮らしていた少年・小春丸。
この2人と1匹が出会ったとき、運命の輪が回り始めました。

架空の世界に渦巻く国の領地を巡っての権力争いに
否応なく巻き込まれていく少女・小夜。
彼女を影から見守る霊孤の野火。
術者と術者の争いは次第に激しさを増し、
小春丸を巡って小夜と野火の間に仄かに芽生えた感情は…

ハラハラとした忍者物のようなスリルもあり、
透明で美しいファンタジーの要素もあり、
人間の弱さ・愚かさ・強さを描いた人情あり。

この本の作者、上橋菜穂子さんは
別世界を舞台にした大型ファンタジーのシリーズが
作品のメインなのだそうです。
そんな中、この『孤笛のかなた』だけが和風ファンタジーで
一つの独立した作風なのだとか。

私は、この作者の作品はこの『孤笛のかなた』しか読んでいません。
ですから他の作品とは比べようも無いのですが…
本の帯に書かれている 宮部みゆきさんの言葉のように
「本書の魔法は超一級品です」
という評が とても相応しい作品だと思いました。

最近はめっきり和書を読まず、来月始まりの英会話教室に備えて
大慌てで洋書相手に格闘中の私ですが…
極端に英語漬けになった途端に 
その反動で猛烈に和風物が恋しくなりました(笑)
そんな気持ちで本屋さんを彷徨っていた時、
幻想的な美しい表紙絵に目が留まって 購入してしまいました。

「野間児童文芸賞」という賞を受賞しているそうですが、
このお話は大人でも十分堪能する事の出来る
質の高いファンタジーといえるでしょう。

『孤笛のかなた』
   上橋菜穂子 : 著
   新潮文庫
   定価 : 本体590円(税別)

…このお話を読んだら…
伏見稲荷大社に またお参りしたくなりました。
(↑銀猫の稲荷山登山レポは↑をクリック^^)
もう少し暖かくなったら、お山の狐の塚巡りに
よっこらと行ってみようかと思います。


 市民英会話教室
2007年03月13日 (火) | 編集 |
市民英会話教室


先月、我が家はアメリカへ転勤の危機がありました。
幸いにも今回は、別の家庭が移動する事に決まったそうですが…
今更海外に行くなど、娘があと1年で受験期に入ることもあり
冗談ではありません;;
外れて良かった~!!!!

…と思ったのも束の間、主人曰く
「またいつ海外に転勤になるかならないか・さっぱりわからない
のがうちの会社だよなぁ~」
なんて言うではないですか T_T
考えてみれば今回の危機も、台湾から日本に帰国して
まだ満2年経っていないのに訪れた危機です。

私の英語力など、十数年前にイギリスとオサラバして以来
全くといっていいほど使っていません。
(台湾の日常生活では 英語はほとんど通じず、北京語でした)
このままでは、イザという時に英語が喋れないまま…
また英語圏に転勤の可能性~!?

それはヤバイ。とっても、非常にヤバイです!

…と、いうわけで、折りよく新聞に入ってきた広告に目を留め
格安の料金に釣られて「市民講座」の英会話教室へ
来月から通う事に致しました。

この講座、先生は全てネイティブ。
テキストも英語のみの完全「英語が非母国語の外国人向け」です。
つまり、日本語は一切なし。
週1回、合計18回とペースも緩やかで
すっかり錆び付いている私の英語頭の磨きなおしには丁度いいかも。
先週の説明会を聞きに行き、1日悩んで申し込みました。

今日は…これから、その教室のレベル分けの面接です。
ネイティブの先生と10~15分くらい喋って
どのレベルの教室へ入るか決めるそうですが…

昨日、うちのチビが38度の熱で学校を休みました;;
今朝は下がり、学校大好きなチビはさっさと登校しましたが
今度は私が朝からくしゃみ連発です。
完全に風邪が移りました~;;
でも面接を伸ばすのは面倒なので、迷惑と思いつつも
行っちゃいますけどね…先生、ごめんなさい^^;

さて。うまく中級のクラスに引っかかってくれればいいのですが、
もしかして…初級だったら どうしましょ?

※ 今日はサボって、別館と同じ記事をコピーしました^^;
万が一別館も覗いて下さっている方がいらっしゃいましたら
ごめんなさい~;;
くしゃみで頭くらくらで~ 別記事を書く余裕がありません。
次回は頑張ります。

★ 追記 ★

 面接、行って来ました~。
 結果は…中級の上 でした^^;
 これより上は上級クラスあるのみ…
 この錆びた頭でついていけるのか、銀猫おばさん!?
 
 ともあれ、朝の風邪が悪化して、
 おまけになんと主人まで 熱出して早退してきました。
 恐るべし・風邪菌★ そして元凶の息子は
 平気な顔で学校から帰宅、外で遊びたい~! と
 ゴジラ化しています;;

 風邪が治るまで、また更新が延びそうです。
 季節がいきなり真冬に逆戻りのこの頃、
 みなさまもくれぐれもお体お大事になさって下さい。
 

 『The Market Square Dog』 James Herriot
2007年03月09日 (金) | 編集 |
ヘリオット先生


自宅にある洋書の絵本も、そろそろ底をついてきました。
上記の絵本の他にもまだ2~3冊あるはずなのですが…
本の山、物置のガラクタの山に紛れたのか
探せども見つかりません;;
仕方が無いので そのうちまた発見したらUPすることにします。

この本は、イギリスの有名な獣医「J・ヘリオット先生」
が書いたお話を絵本にしたものです。
これも昔、ロンドンにて購入^^

ヘリオット先生は、日本語でも何冊かの著作が訳されていて
英語学習者向けの本にもなっていますから、
ご存知の方も多いかもしれません。
私はこの先生を主人公にしたBBCのテレビドラマシリーズ
「All Creatures Great and Small」をイギリスで見ていて、
大ファンになりましたv
(このドラマの英語解説は「こちら」)
ペーパーバックも買ったのですが、自分の実力も省みず
やたらに分厚い「愛犬物語(邦訳題名)」など買ってしまったので、
まだ手付かずのまま…黄ばんでいます(泣)
どうしてペーパーバックの紙質ってあんなに悪いんですかね;;

ある市場の日、ヘリオット先生は食べ物屋の店先で
「ちょうだいv」ポーズをしている犬を見つけます。
その犬の飼い主らしい人は見当たらず、よく見ようと近寄ると
犬は警戒して逃げてしまいます。
市場を警備している若い警察官(犬好き)によると、
今までに何度かその犬に近寄ろうとしましたが やっぱり駄目とのこと。
野良犬らしいその犬が気になりながらも、近寄れなくてはどうにもできずに
ヘリオット先生は帰途につきます。
数日後、珍しく奥さんとお出かけの支度をしていた所に
あの若い警官が大怪我をしたあの犬を連れてやってきます。
どうやら車に撥ねられたらしい大怪我…
ヘリオット先生はすぐに外出を取りやめ、診察にかかりました。

イギリスでは、動物愛護の精神が広くいきわたっています。
けれども勿論それは完全ではなく、
動物に対して酷い仕打ちをする人間も後を絶ちません。
そんな時に大活躍するのが獣医や動物レスキューの人々です。
彼らはたいがい無償で、その命を助けるために全力を尽くすのです。

こういった話を読むと、日本のペット事情の貧困さを
嫌でも考えざるを得ません。
動物を愛する心があるのなら、もっと上手にそれらと付き合う方法を
こうした「先進国」から積極的に学ばなければならないでしょう。
(常々思うのですが…「可愛いからv」といって、ペットに
不必要な洋服などを とっかえひっかえ無理に着せて喜ぶなどは
立派な動物虐待だと思うんですよ…)

『The Market Square Dog』
James Herriot : 著
ISBN : 0-7181-3298-X


 『THE LITTLE HOUSE』 Virginia Lee Burton
2007年03月07日 (水) | 編集 |
ちいさいおうち


邦題名は「ちいさいおうち」。
子供の頃にこの日本語訳の絵本をどなたかに頂き、
とても好きで何度も読み返しました。

去年になって、この絵本の原書を買う機会に恵まれ…
日本で輸入洋書(しかもハードカバーの絵本)を買うのは高いんだけど;;
と思いながらも、懐かしさの余り買ってしまいました。

今回、一番最初に読み直し始めた子犬の絵本から比べると
1ページあたりの文が長く、語彙もずいぶん増えてきました^^

昔々、ある田舎に小さなお家が建っていました。
田舎の暮らしは美しく穏やかで、小さなお家はとても幸せに暮らしていました。
ところが…
田舎はだんだんとその様子を変えていきます。
村に家が増え…町になり…街へと発展して行きます。
小さなお家の周囲もどんどん変わっていき…

レベルの気になる方用に、あえていうなら…
日本の中学校で習いおわった英語レベル??
絵本といえども、ストーリー描写が出てくるとぐんと語彙数もふえ、
言い回しも変化に富み、見た目は一気にレベルが高くなったように思われますが
実際に読んでみると まだまだ単語は簡単です。

『THE LITTLE HOUSE』
Virginia Lee Burton : 著
Houghton Mifflin Company : 出版
ISBN 0-395-18156-9


私は他の多読をされている方々と違って、
語数がどうの、レベルがどうのというのは考えずに読んでいます。
自分が気に入った絵本または本だけを買い集めていますし、
ペーパーバックも 実はごく普通の大人向けのものを数冊持っています。

自分が「これ、読みたい!」というのが一番重要なことで、
分厚いペーパーバックも その気持ちがあればちゃんと読めるのです^^
もちろん私の英語レベルは ペーパーバックの1字1句を理解できるほど高くありません。
けれども、何度も何度も読み返すうちに
「どうしてもこの単語の意味が分からないと」というキー・ワードが見えてきて、
そういった単語を少しずつ辞書で引きながら読み返すと…
以前読んだ時にはわからなかった表現がわかるようになる。
これが楽しくて、また同じ本を読み返す。

そんな感じで、ここでは私が気に入って買った絵本(又は本)のみ
UPしていますので…
本当に一から順にレベルを踏んで英語を読みたい、
という方の参考には 全然なりませんね^^;

とはいえ、こうして家にある洋書をかき集めてみると
その量が意外に多かった事にちょっと驚き…
これ、全部読み直すにはどれくらいかかるのかな~と
ちょっと不安になったりして。

ま、ゆっくりいきます…有難い事に私には
急ぐ必要はありませんから^^


 『竹取物語』 高橋貞一 : 編
2007年03月05日 (月) | 編集 |
もと光たる竹なむ一筋ありけり。


「今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。
野山にまじりて竹を取りつつ、よろづの事につかひけり。
名をば さるきのみやつこ となむいひける。
その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありけり。
あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり…」

超有名な日本の童話「竹取物語」。
子供の頃に必ず見聞きするお話ですね。
小さな子供向けには、その時々の漫画の人気キャラクターが
お話の主人公になるリメイク版などもあり、
現在でもまだまだ「隠れたベストセラー」といえるのではないでしょうか。

この話、旧仮名遣い(または原文の古文)で読んだこと、おありですか?
私が中学生で古典を習ったときには、教科書にこのお話の最初の部分が
載っていましたが…
中1の娘の国語の教科書をちょいと拝借(ナイショ^^;)、
パラパラとページをめくると ありましたv

ここで引用した冒頭の部分を古文で、あとはあらすじを現代語で解説しつつ
中身を大分すっ飛ばして、かぐや姫の求婚相手への課題の一つ
「蓬莱の玉の枝」の場面をまた古文で取り上げています。

現代文で書いてしまうとちょっと物足りない感じのするお話ですが
もともとの古文で読むとなかなか雅な感じがして、
王朝文学の美しさというものが じ~んと心に沁み込みます。
日本の文化も外国には負けないよ^^ と にっこり。

最近、英語の絵本漬けな生活を送っている私ですが
先週立ち寄った馴染みの古本屋を物色中に
この『竹取物語』を見つけました。
児童書のコーナーにあったので、小学生ぐらいのお子様向けかな~、
中高校生辺りの古典解説書かな?
と 手に取ったのですが…どっこい。

中身は純粋に「竹取物語」でした。

古語の解説も、時代背景の説明も、本文中には何もありません。
扉書きには この本の話をどの原本を元に編纂したのかだけが記されていて、
文も読みやすいように漢字・句読点・歴史的仮名遣いに統一した
とあるだけで…
後書きには このお話のモデルになったであろう登場人物について
実際に歴史に名を残している帝や殿上人などの解説が少し。
子供向けに省略されたり、話を変えられたりはしていない
限りなく本物の話に近い本、という感じですv

そこで、中学の時にうろ覚えで気になったままだった
最後の場面を確認しました。

結局は帝の努力も、養父母の思いも空しく天に帰ってしまった
かぐや姫ですが、形見にと手紙と天女が持ってきた不死の薬とを
置いていきます。
けれどもかぐや姫を慈しみ育てた老夫婦は薬には見向きもせず、
嘆き悲しむ余りとうとう床に伏せってしまいます。
薬は手紙と共に かぐや姫を守る為に兵を指揮した頭の中将によって、
帝へと届けられるのですが…

「逢ふ事も涙に浮ぶ我が身には 死なぬ薬も何にかはせむ」

と 帝もまた、かぐや姫のいないこの世にいても甲斐なく、
不死の薬などいらないと
日本で一番高く、天に近い山の頂へ行って燃やすようにいいつけ、
勅使が選んだのは現在の富士山。
この山の名前は本当は「不死山」であったことは、
ちょっと有名な逸話ですが、その名の由来はこの…
『竹取物語』の最後「不死の薬を頂上で燃やした」から
来ているのだといわれています。切なくロマンチックなお話ですね。

竹取物語


『竹取物語』
   文芸文庫 日本古典文学編(1)
   高橋貞一 : 編
   勉誠社 : 出版

この本は古本屋で見つけましたので…
同じものはもう絶版かもしれません。
なにしろ私の手にした品は1982年の初版本です。25年前の本ですね^^
その割にはとても綺麗な状態の本なのですが
古本屋での本との出会い、実に興味深い事が多いものです。

冒頭の写真は、嵐山の「野々宮神社」の近くの竹林です。
源氏物語に出てくるこの神社、周囲には美しい竹林の道があります。
竹取物語も このような竹林の美しい所で生まれたのでしょう。

現代の本も、洋書も面白いものですが。
たまには日本の古典物など…如何でしょうか^^


 『 Best MOTHER GOOSE Ever 』 …マザーグースで楽しく英語。
2007年03月01日 (木) | 編集 |
マザーグース


この本は、思い出深い本です。

私が初めて英語を習った先生(個人レッスン)が、何故か
この本を使って詩の暗唱をさせるのが大好きな先生で…
まだABCくらいしか分からない私でしたのに、
意味も分からなかったのに毎週一つずつ、
この詩の暗唱を宿題に出されておりました^^;

もう30年以上昔のことですけど、
先生がインド人の女の先生だったこと、
先生の自宅でレッスンだったので
インドの色々な小物(お香とか置物とか)や
壁に飾られた異国の人物絵などがとても珍しく、
英語のレッスンよりもそちらの方ばかり見ていたことなど、
今でもこの本を開くと その時のことを思い出します。

マザー・グースは子供向けの、言葉に深い意味もなく
どちらかというとナンセンスで 日本語訳不可能だったりして。
けして語学学習向けの教材とはいえませんが、
これらの詩をベースにしたジョークや言い回しは
頻繁に本・新聞・ニュース・映画などなどに登場します。
その時にモトの詩を知らないと、
さっぱりわけの分からない一文やセリフになってしまいます。

私たちが「桃太郎」「かちかち山」などの馴染み深い、
誰でも知っている童話や…
新しい所では人気漫画をネタにした言い回しなどに
ピン! と原作が思いつくように、
(つい先日は「のび太君みたいに 泣きながら来たのねv」
という言い回しをテレビで聞き、すぐに「ドラえもん」の
のび太君が情けなくドラえもんに泣きついている絵が浮かんで
笑えましたが、外国の人はあのセリフを聞いても
何の事だかさっぱりわからないだろうなぁ…^^)
マザーグースも、欧米の人にとっては誰もが知っている
「常識」とでもいうべき詩の数々。

これも向こうの文化の象徴の一つなのですね。
覚えておいて、損はないです^^

幾つかの詩には、子供が歌って遊べるように
曲もついて、お遊戯もあって。
「ロンドン橋」なら、日本でも有名ですから
子供の頃に遊んだ事のある方は多いのではないでしょうか。
私としてはそういった曲のCDやお遊戯ビデオが欲しいのですが…
日本では手に入らないかな? 残念です;;

この本は、現在日本でも買えるようです。
ご興味のある方は、Amazon の通販ページ へ行ってらっしゃいませ~。
ちなみに、この部屋は一切アフィリエイトはしていません。ご購入はご自身のご判断でどうぞ^^
(管理人、Web でのお買い物が信用できない性質デス★)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。