日々雑多なこと、時々書評。 自前のデジカメ写真もたまに掲載。 こっそり のんびり 更新いたします。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 稲荷山 登山レポート
2006年10月28日 (土) | 編集 |
千本鳥居

前々回にご紹介しました「ぼくの・稲荷山戦記」の本に誘われて、
全国のお稲荷神社の総本社、京都の「伏見稲荷大社
(↑クリックで公式HPへどうぞv)
へ行ってきました。
上の写真は、有名な「千本鳥居」の入り口です。

最寄り駅はJR「稲荷」駅。改札を出てすぐ、案内の看板に誘われて
迷うことなく参道に辿り着けます。
こちらは流石にお稲荷様の総本社、本殿はとても大きくて立派。
境内も広く、またその背後に広がる山々は「官有地」として
国に守られていますので、先日ご紹介した本に出てくる
小さな名も無いお稲荷様とそのお山とは 全然違うのですが…

本殿にご挨拶がてら(?)お参りし(50円^^;)、
有名な「千本鳥居」を探して奥の方へ。
大きな鳥居がずらりと連なる入り口は 稲荷山への登山口でした。

ここは流石に観光客が多く、いくら待ってもなかなか
「無人の」鳥居は撮影できません;;
が、奥に進むにつれて人影はどんどん減っていき…
千本鳥居を抜け、その奥の「熊鷹社」辺りまで行きますと
大概はそこでみな引き返してしまいます。

その先は、本当に「お山への入り口」になります。
ちらりと見るだけでも 鳥居のトンネルに急な石段が
果てしなく続いて曲っていくのが見え、
その石段を更に登っていく人は 本当にまばらでした。

が、その日はとてもお天気が良く、また時間もまだ
午前10時過ぎと早く…そこそこ人影も見えたので、
思い切って登ってみることにしました。

千本鳥居2
(鳥居のトンネルの中でくるりと振り返ってみると、
鳥居の裏側には寄進した人や会社、お店の名前が入っていました。)

稲荷山1
急な登りの石段が延々と続きます。
ちらほらと居た人影も、
登れば登るほどに
見えなくなりました;;

お山の空気は寒いくらいに冷たく、
人影が絶えた辺りでは…
聞こえるのはただ鳥の声、
小さな川の流れる水音、
時折 落ちる木々の何か…

それ以外は人声も絶えて無く、
ただ息切れした自分の情けない
息遣いだけ。
…物凄く心細くなりました。


(あ~;; このまま登っていって大丈夫かなぁ;;
そういえば今年は、あちこちの山裾で熊が出るって
騒ぎだけれど…この山、熊 いるかなぁ;;)

などと考えつつ、でも何故か登る足は止まらず。
何だか意地になって頂上とされている「一ノ峰」まで
行ってやる、行かなくちゃ、ほら早く~! と、
ゼイゼイしながら登っていきました(笑)

[READ MORE...]
スポンサーサイト

 「Little Tern」 ブルック・ニューマン:作 
2006年10月26日 (木) | 編集 |
Little Tern

以前「カモメのジョナサン」をご紹介しましたこと、覚えておいででしょうか。
(ん? なんだっけ、と言うお方は「こちら」をクリック^^)
「Little Tern」の裏表紙にある “「ターン」は21世紀の「ジョナサン」なのか!?”
という煽り文句と、沢山の美しい水彩画の挿絵に釣られて購入しました。

この本は「カモメのジョナサン」と同じく、五木寛之氏の日本語訳です。
作者のブルック・ニューマン氏は カバー折り返しの紹介によれば
「編集者、作家、脚本家」となっています。

「カモメのジョナサン」では、沢山のカモメの白黒写真が挿絵として
入っていましたが、この本ではこれもまた沢山の美しい水彩画が 
その役を果たしています。
日本語訳の文庫本の厚みは、両方とも丁度同じくらいです。
主人公はかたや「カモメ」、こちらは「コアジサシ」という海鳥です。
タイトルの「リトル ターン」は日本語でコアジサシ…
ジョナサンと違って、この本の主人公には固有の名前がありません。

「カモメのジョナサン」は どんな内容だったでしょうか。
ジョナサンは空を愛し、「飛ぶ」事を愛し、
ただひたすらに飛行技術を磨き、高みを目指して努力を重ねる…
それはまさに、この事に命を賭けても悔い無し という
努力の素晴らしさ、そこから得るものの大きさを教えてくれる本でした。

対する「Little Tern」。
この本は、五木氏のあとがきにもありますが 
まさに現代人向けの内容ではないでしょうか。

飛ぶことをどの鳥よりも得意とするはずのコアジサシ、
その主人公「ぼく」は ある日突然「飛べなくなってしまった」のです。
慌てた「ぼく」は早速、どこが悪いのか点検します。

けれども不思議な事に、体はどこも悪くない。
何度点検してみても 翼も羽も尻尾もどこも悪くありません。
結局「ぼく」は飛べないままに…仲間と離れて、
地上を彷徨う暮らしを始めます。

今まで当たり前すぎて、それが「出来る」ことさえ忘れている事が
急に「出来なく」なったとき、貴方ならどうなさいますか。

体はどこも悪くないのに
文を綴る仕事の人が 突然紙の前で呆然とする。
絵を描く仕事の人が 突然何も描けなくなる。
野球の得意な人が 突然バットを振っても球に当らなくなる。
それとも、もっと身近なところで
ある朝突然…学校や会社に「行かれない」自分を発見したら?

そんな風に 唐突に「飛ぶ」方法を思い出せなくなった「ぼく」は
途方に暮れて海岸を彷徨う旅を始めます。

どうして飛べなくなったのでしょう。
どうしたらまた 飛べるようになるのでしょう。
「ぼく」は再び飛ぶことが出来るようになるのでしょうか?

これは、小さな海鳥のそんな心の葛藤の物語です。

[READ MORE...]
 「ぼくの・稲荷山戦記」 たつみや章・著
2006年10月20日 (金) | 編集 |
ぼくの・稲荷山戦記

自然を愛する人、自然をよく知る人。
そんな人たちがこの本を読んだら きっと胸が一杯になると思います。

これは先日立ち寄った本屋で 偶然見つけた文庫本です。
まず最初に、漫画風の綺麗なイラストに目が惹かれました。

そういった漫画風イラストがメインの本のコーナーではないはずの
ごく普通の文庫本のコーナーでの「平積み」でしたので、
余計に目立ったという事もあります。

次に、少年の頭上に踊るように描かれた輝く「白狐」の絵と
題名の中にある「稲荷」という言葉。そして
その純日本風な言葉の後に続く「戦記」という、穏やかならざる言葉。

強く心惹かれて 手にまで取ったのは、
たとえ直接には関係のない身(氏子とかではありませんから…)でも
道を歩けば神社やお寺、お地蔵様に出会うのが当たり前の
「京都」という土地に住んでいるお蔭だったと思います。

このお話は、本の帯にもありますが
「第32回 講談社児童文学新人賞」受賞作だそうです。
ですので、ジャンルとしては「児童文学」が正しいのでしょう。
けれども内容は「自然破壊による環境問題」を
ファンタジー風の姿を借りながら 読む人の心に問いかけるもので…

澄んだ空を見上げて、あるいは綺麗に染まった夕日を見て、
一度でもその美しさに心を動かされた事のある人。

庭木や花々、野菜などを心を込めて大切に育てたことがある人。

風の音を聞き分け、陽の光に目を細め、
静かに移り行く季節の気配に気づくことの出来る人。

あるいは本当の「野生」とはいえなくても
犬や猫、小鳥などの生き物を 愛しい家族の一員として迎えたことのある人。

そんな人達には必ず 読み終わったあと心に何かが残る本です。

[READ MORE...]
 神戸・中華街を散歩
2006年10月18日 (水) | 編集 |
南京町

「美術館を見終わったら、中華街でお昼にしよう」

うちの主人は、外食嫌いです。とはいっても私の料理が好きなのではなく
(食材がナイ!ときには 平気でカップ麺を引っ張り出すような私です^^;)、
ただ単に「家でゴロゴロ・だらだらして食べたい」というだけなのですが
なるべく外食しなくて済むように、いつもはああだこうだと帰ろうとします。

今回は珍しい主人の「美術館行こう」、そして続いてのこの
「中華街でお昼」宣言に、私は目が点…
ええと、前の日、ナニか変なもの食べさせたっけ!?
ちょいと心配すらしてしまいました(笑)

が、10年振りちかくの子供なし外出で かなり上機嫌だったようです。
神戸には昔、出張で来たことがあるとかで、
ちらりと美術館の現在位置を確認しただけでスタスタと歩き始めました。
半信半疑ついていくと、おお! ありました。大きな中華風の門が。

通り自体は思っていたよりも短くて残念でしたが、
お店の前に小さな屋台もどきを並べているその風景、確かに「中華」ですv 
お昼時であることもあり、どこの屋台のおじちゃんもおばちゃんも景気よく
「コレ美味しいよ~!」と賑やかな呼び込みを繰り広げておりました。
う~ん、台湾を懐かしく思い出します^^

漢字の多い看板、中国から輸入の品が並ぶお土産屋、中国茶の専門店。
屋台で調理しながら並べられた桃まん、ゴマだんご、餃子、シュウマイ…
その他の点心たちvvvv 心惹かれるその香りvv
通りを冷やかして歩くのに余りに夢中になりすぎ、写真を撮るのも忘れました;;

ずっとレストランを物色して歩き、短い中華通りの最後の方にあった
大衆食堂風の広東料理に入りました。
ランチセット。フカヒレ入りラーメンとチャーハンで美味しそう。
店内はとても狭く、台湾のお店よりはずっと綺麗ですが
いかにも「中華の大衆食堂」という感じで ちょっとわくわく^^

日本のレストランと違うのは、座っても無料の「水」は出てきません^^;
飲み物は必ず注文しないと出てこない辺り、本場の食堂そのものです。
勿論、お手拭などのおまけもナシ(笑)
こういうのを知らない日本人が来たら 
さぞかし「サービスの悪い店だ!」と怒るかもしれませんが、
台湾でも大衆食堂にはありがちの事でした。
日本の方が、サービス良すぎるのでしょうかね???

店員さんは、ちょっと変な発音の日本語です…
でも、厨房にオーダーを飛ばす時には中国語でした!
華僑の方なんですね。
私の知っている北京語とはちょっと違う感じでしたので、
看板に「広東」の文字があることから 広東語なのかな~と思いました。

満腹になって食堂を出てから、元来た通りを逆に歩き…
あちこちの店に冷やかしに寄りました。
台湾でよく飲んでいたタピオカ入りミルク紅茶を飲み、
雑貨屋を冷やかし、最後に屋台でゴマだんごとシュウマイを買い…
時間の制限で名残惜しく中華街を離れました。

神戸が意外に近いことがわかったので
近日中に、もう一度一人で遊びに行くつもりです^^
(帰宅して子供らに「行きたい?」と聞いたら、「遠いからやだ」
だそうですので…;; 子供に往復3時間はやっぱり遠いようです)
その時にはちゃんと写真を撮って来ることにします。

中華街の他にも、神戸には異人館やお洒落な建物が沢山あり…
時々気晴らしに行かれたらいいなぁ~v と思いました。

本日のBGM … 「音楽工房 夢見月」サイト様より「お手軽中華」


 神戸のオルセー美術館展へ
2006年10月13日 (金) | 編集 |
オルセー美術館展チケット

先日、主人の会社が創立記念日だとかで平日休みでした。

例によって家でゴロゴロして過ごすのかと思いきや、大変珍しいことに「神戸の美術館へ行こう」と…どうしちゃったん??(笑)

どうやら、以前新聞に出ていた特集記事を読み 興味が出たようです。
子供らが学校から帰る前に戻らなくては、と、子供が登校してから慌てて出発しました。

夫婦二人きりのお出かけは、十年ぶりぐらいでしょうか? 「おやつ~!」「喉渇いた!」「疲れた~;;」など世話のかかる子供がいないと、何だか勝手が違って…ちょっと照れくさいものですねぇ^^;
その日は朝から生憎の雨でしたが、天気予報では後に曇りとのことで
傘をさして出発です。
面倒臭がりの主人ですから、私はてっきり車で行くのかと思ったのですが、
意外にも「電車で行くぞ」。ええ~、神戸まで? 電車??
それって、子供らが帰るまでに帰ってこられるの????
「当たり前じゃ。ついでに中華街でお昼にしよう」
と、主人。

「神戸は遠い」という先入観は、この日見事に覆されました…(笑)
往復3時間ですから、けして近くはありませんが
その昔 通勤・通学で往復3時間をこなしていた事がある私には
神戸は十分「通勤可能圏」であったのでした^^;

さて。この美術展、三宮の「神戸市立美術館」にて開催中です。
当日は平日の雨、しかも開館間もない時間に到着でしたので、
さぞ空いているかと思いきや…意外にも盛況でした;;
週末よりはずっとマシと思われますが、
お時間に余裕のある年配の方々で賑わっておりました^^

今回の出展作品は19世紀パリで活躍した画家達を集めたもので、
チケットや広告に取り上げられたエドアール・マネの
「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」をはじめとして
ルノアール、ゴッホ、ミレー、モネ、セザンヌ…といった超有名画家達と、
芸術家には疎い私が知らない画家達(失礼^^;)の作品が
様々展示されておりました。

[READ MORE...]
 秋の訪れ
2006年10月04日 (水) | 編集 |
きのこ

秋…学校は文化祭のシーズンですね。
上の絵は娘の作品…美術部の文化祭出展用の「個人作品」です^^; 
課題は「秋」、それでキノコを選んだようですが 
実は娘はキノコ類は嫌いです。食べるのが。
自分のお皿の上のキノコは、残さず私のお皿の上に瞬間移動…(笑)
それなのに、何故 キノコなんでしょうか^^;

この絵、最初は全くの「ペラペラで薄平べったいキノコ」でした。
が、美術部の顧問の先生と美術の教科の先生2人からの
度重なるアドバイスと、何故か私からのアドバイスも聞きながら
ぐんぐん重みと厚みを増していき…
大人の目から見ましたら まだまだ突っ込み所満載ですが
ここまで質感のある どっしりとしたキノコになりました。
変われば変わる物です、はい。

そんな娘の奮闘振りを眺めていた今日この頃でしたが、
昨日 無事に文化祭も終わり、絵も手元に戻ってきました。
製作中は「また先生にまだまだ! って言われた~;;」と
何度も出されるリテイクにぷうっと膨れておりましたが、
何だか妙な意地が出たらしく「これでもか!」とばかりに
その都度、指摘された箇所の改善に熱中しておりまして、
文化祭直前にようやくOKが出たものです。

いまは娘の部屋に飾られているキノコですが、一枚の絵を
何度も指摘され描き直した経験は 今までになく娘に
絵を描く楽しさと やれば出来る、認められるという 
ちょっぴりの自信を与えてくれたようです。

展示を見に行ったらば、流石に美術部、2年・3年の先輩達の
絵の上手さには感心しました。
1年生はまだまだ…^^; 娘のも入れて
全体に小学生の絵、という雰囲気です。
3年生までに あのレベルに追いつけるかな?
今後が少々心配ですが。

世間はすっかり秋ですね。
今月末には、銀猫のいる京都も綺麗な紅葉が始まるでしょう。
気温が涼しくなり、都会でも景色が色変わりをはじめ
暗く冷たい冬へと向かう時期。
何だか無性に創造心をくすぐる季節です^^

暑い夏は眠っていたそれが、娘の絵を見ていたら目を覚ましました。
去年夢中になっていた写真撮り、そろそろまた復活しそうです。
それに合わせて…実にゆっくり亀よりも遅くですが
写真置き場の製作を始めました。
まだまだ置けるほどの素材はありませんので公開は未定ですが
そのうちにリンクできるといいなと思っています。

秋は芸術心を連れてやって来ます。
みなさんも何か作品作り、如何でしょう^^

P.S. 最近、銀猫のPCが不調(ネットのつながりが悪い)です;;
   更新 更に遅くなるかもですTT

本日のBGM … 「オルゴールの小箱」サイト様より「セピア色の写真」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。